学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

雰囲気づくりが先かな

遅ればせながら、日本笑い学会新聞、2013年10月号を読む。

夏の大会での記念講演「笑いが育むもの、笑いで育まれるもの」(北海道大学名誉教授、恒川昌美氏)の記録が載せられている。「笑い学のすすめ」という授業経験が後半に出てくるが、大学で授業を担当する者として同感するところが多い。

我流に解釈させてもらうと、それは授業の雰囲気づくりが授業の内容に先立つということだ。学生をグループにする、席替えをしてメンバーチェンジを促す、発表させ交流させる。これらは、内容を理解する上で有効なだけでなく、学生が互いをそしてひいては自分を知るきっかけとなる。

これは学生に限らない。教員研修でも「受講者」と受身に位置づけるのではなく、彼らが話したくなる問いを投げかけ、聴きたくなる知的刺激のある話をし、書くことで振り返り、読むことで確かめると、聴く・話す・読む・書く、と少なくとも4つの方法で教員を揺さぶり、悩ませ、行動の基盤となる考えを深めることができる。

たとえば、学校種が同じだからといって、学校の状況が同じであることはまずなく、規模が似ていても同じ様子とも限らない。そんな学校で勤めている教員に「一般的」な話をしてどれほど響くだろうか。そうではなく、教員の価値観に発する眼差しやものの見方、論理、そして実践が学校の実際を形作っているのだから、これらを見つめ直す仕掛けを用意することが研修の企画・実施側の責務となる。

その際に重要なのが、楽しげな空気、何かが見つかるかもという期待感を醸し出すことである。それは内容に先行するもので、会場の広さ、机の配置、時間の区切り、メディアなどに配慮がなされること、そして、ネクタイ着用、ペットボトルは机の上に置かない、指定された場所に座る、起立、礼をする、気分が悪くなった人は手を挙げて、と小姑めいたことを言わない、ことが不可欠だろう。センター長などによる説教めいた檄のあと、「どうぞ」と言われる講師としては、このカチコチになった場をどうほぐすかでしばらく苦労するんやから。もう。

企画・実施側そして講師がどんな場として研修をつもりするのか、そのために備えるべき資質や力量とはどのようなものか。そこにエンターテイナーとも言うべき、優しく期待を込めた眼差し、この時間を大切にしたいという姿勢、そして「わくわく感」が見られることではないだろうか。学校での「授業づくり」が、授業者のありようが教育内容以前の問題としてどれほど問われているのか、と合わせて、大いに議論すべき点だと思う。



[PR]
by walk41 | 2013-11-14 09:13 | 笑いのこと | Comments(0)
<< こんな数値目標はいいのかしらん 「為せば成る」わけではない >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サービス砂漠 Servic..
at 2018-10-17 23:29
いろんな子どもが一緒に学んで..
at 2018-10-17 18:52
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧