学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

こんな数値目標はいいのかしらん

NHK朝のニュース、高齢者のリハビリを楽しんでと、ゲームを通じて嬉々と運動に取り組むお年寄りの様子を伝える。

テレビ画面を見ながら、起立の回数を数えるキャラクターが登場、たとえば20回できると、立派な塔が完成するという仕掛けだ。ディケアセンターの壁には、1000回達成の表彰状が貼られ、他の人にも励みになっているようだ。

百名山に登るというのもこの類だが、数字の魔力は年配の人にも効くらしい。こんな数値目標ならばいいのかしらん。だって、自分だけでその目標に近づけるし、達成したことの意味づけは自分だけでなされるのだから。自己満足といってもよい代物だろう。

これに対して、学校教育で振りかざされる数値目標は、児童生徒によって大きく左右されて教育者側だけではどうしようもないことが多いし、また得られた数値をもって「教育成果」と意味づけされる。そして、この数値が一人歩きする。まったく無茶な論理である。

やって楽しい数値目標の使い方、もっと考えないとね。
[PR]
by walk41 | 2013-11-15 13:27 | ことばのこと | Comments(0)
<< 何ともいえぬ 雰囲気づくりが先かな >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
繰り返し挙手論、そして同義反復
at 2018-06-11 15:17
保育園からの「悲しいとき~」
at 2018-06-11 02:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧