学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und Schulmitglieder

何ともいえぬ

ずいぶん以前の放映、NHK「歴史ヒストリア」の一作をようやく観る。天皇の料理番を半世紀以上にわたって務めた、秋山徳蔵を紹介したものだ。

食事が人を動かし、外交にも影響を及ぼすことがよくわかったが、最後のナレーションが特に印象的だった。

同氏が著した『味』からの引用だが、曰く、「ものを喰うのは魂が喰うのだ。口や舌はごまかせても魂はごまかせない。真心のこもった食べ物は、だから何ともいえぬ味がある」。

もちろん魂は見えるものではなく、表現することも叶わないが、確かに存在すると言えるだろう。客観的に見え、匂い、味わうことができる食事についてすら、その魂こそわかることができる、というのだ。

いわんや、見えない、味わうこともできない教育や学習といったものの価値がいかほどのものか、それを数値化や言語化すれば表現できる、ましてや、それを追ってこそ実像に迫れると考えることの浅はかさを、改めて確かめるべきだろう。

だから、教育学研究というものができるのは、常に論理化される教育や学習についてのお喋りを解剖し、その成り立ちのあやふやさを暴露するとともに、他の組み合わせを示唆することだ。もって、より裾野の広い価値づけ、論理そして実践の可能性を提供することにより、学校ほか教育に関わる人々を自由にすることにこそ意味がある。

人間と社会に関するお喋りは、「~すべき」「~しなければならない」と人を抑圧するのではなく、人には数え切れないほどの実践とそれを支える論理と価値観のありうることを示し、いっそう豊かな人間の姿を実現することに意味がある、と心得るべきだろう。
[PR]
by walk41 | 2013-11-16 09:54 | 身体 | Comments(0)
<< 盲点を見つけられるか こんな数値目標はいいのかしらん >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
賢さの自覚? das Se..
at 2018-07-21 01:05
地域のお祭り das lo..
at 2018-07-20 16:26
エアコン die Klim..
at 2018-07-20 15:28
清潔さの閾値 die Re..
at 2018-07-20 15:26
小さな子どもには難しい? F..
at 2018-07-20 15:18
バイオ天気 das Bio..
at 2018-07-19 02:23
プレゼンテーション die ..
at 2018-07-18 07:35
学習アトリエ das Ler..
at 2018-07-17 03:01
サッカーワールドカップ終わる..
at 2018-07-17 01:41
休暇 der Urlaub
at 2018-07-16 03:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧