学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

集合的な関係は授業で活かせているのか

マンツーマンで教えてもらう機会に接すると、つくづく思わされる。

状況や課題は人によって様々なのだから、どれほど教える側が熱心にまた配慮豊かに臨んでも、複数の児童生徒を与件にする学校教育で、彼らの興味関心の示し方や理解の仕方が違ってくるのは、自ずと明らかだ。にもかかわらず、「無理を承知で」このスタイルをとるのは、マンツーマンで達成できることを犠牲にした上で目指す何かがあると考えるのが合理的だろう、ということだ。

歴史的にはベル=ランカスター法のように、一度にたくさんに教えることで、基礎基本あるいは「最低限の学力」を担保しようとしてきたのだろう。「安上がりで効果の高いやり方」として、学校教育は成立したと言える。

日本でも最初の学級編成の上限は80人、実際はもっと多かったとも言われるが、少ない教員で多くの子どもに対応してきた。「個に応じた指導」などあり得るはずもなく、おそらくそんな期待もされていなかっただろう。何しろ、労働の場から開放されて学校に来られるだけ、さらには後には食事まで出るほどに恵まれたことが有り難かった子どもも少なくなかっただろうから。それが、子ども数が今や激減。単純な割り算をすれば、小学校では教員一人あたり児童数は16人台までに減っている。

こんな状況のもとで、ありうる学校教育はどのようなものか。立場によるが、児童生徒一人あたり100万円というコストは、もはや「安上がり」と言えないとすれば、より「個に応じた指導」を目指せるだろう。ここでの意味は、文字通り、一人づつ指導することである。もちろん、合唱や合奏、多くの集団スポーツなど、複数を必要とする活動については、ここでの話から除かれる。

たとえば多くの座学、そこでは一人づつ(ずつ)教え、他の子どもにはおさらいや練習をさせる。寺子屋のイメージだ。「それでは、騒いで収拾がつかない」ときっと言われるだろうが、そこは課題や作業の事前準備に賭けよう。「お客さん」状態にさせないこと。それに、目を光らせているつもりの一斉指導スタイルでも、すでに崩壊しているのだから。

そして、限られた個人への指導時間に、集中して「これまで」と「これから」を架橋するのだ。こうした発想をしてなお、「みんなで授業をやる」ことの意味を考えてほしい。どんな意義があるのか、それはどんな犠牲の上に成り立っているのか、そして「みんなでやる」ものに果たしてなっているのか、と。

繰り返しめくが、一人一人の経験、理解、態度などが違うのだから、個別に接して教えるのが適切、という論理を上回る何かが、長い学校教育の経験から導かれているのだろうか。それとも、そんな論理はないのだけれど、これまでやってきたから何となく続けたい、という程のものなのだろうか。どなたか教示してほしい。
[PR]
by walk41 | 2013-11-30 15:58 | 授業のこと | Comments(0)
<< 悩ましいスペリング 「ず」と「づ」 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サービス砂漠 Servic..
at 2018-10-17 23:29
いろんな子どもが一緒に学んで..
at 2018-10-17 18:52
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧