学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

曖昧さを楽しむ

大型連休とニュースは伝えるが、こちらはあまり影響なし(普段が、「連休」状態かも(^^;)。5月にうかがう高校で生徒たちに話をする授業資料を作っている。

その中で改めて思わされたのだが、教職って本当に曖昧なもので、これに我慢できないようでは、長くは勤められないのだろうな、ということ。だって、順接することも逆接することも、無関係なこともあって、「~すれば、~になる」と言えないことがほとんどの世界を生きなければならないから。

「褒めれば子どもは喜ぶ」?⇒子どもとの関係によるね。
「叱れば子どもは反省する」?⇒そうなるかもしれないけれど、どうかなあ。

褒めると叱るという教育の基本形ともいうべき段階で、私たちは躓いてしまう。「どうすればいいのか、わからない」って。

だから、「より良い」教育を目指すには、曖昧さに耐えられる、さらには楽しめることが大切だろうと、この齢になってようやく言える。「よくわからないから、おもしろい」って。

このことは、対人関係にも、さらには「生きる」ことにも通じるのではないかな。相手の都合、自分の眼差し、予想外の出来事の連続、と悩まされることばかりだけれど、「答え」があるはずなのに見つからない、というのが悩む理由だとすれば、発想を逆転させること、「答え」があるはずという前提を疑ってみるのも、自分を救う一つかもしれない。

ダライ・ラマ14世がどこかで語られていた。「解決の方法が分かっているのならば悩む必要はない。その方法がわからないのならば、また悩む必要がない」という昔の教えが好きだと。この言葉をわかったとは未だ言えないけれど、その方向で日々向かいたいと思う。
[PR]
by walk41 | 2014-04-26 09:52 | 身体 | Comments(0)
<< 自己言及 経験のなせる技かしら >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧