学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「お世話になります」

中学校に行く。といっても、役に立つことはほとんどない。職員室にはいるものの、皆さんの忙しそうな様子を見て、副校長や教頭、あるいは教務主任や近くの先生たちと話をして、ときに相談を受けて、という感じである。むしろ、駄話で仕事の邪魔をしているくらいだと思う。

そんな中でも、学校に掛かってくる電話くらいには出ようと、近くに人がいないときは受話器に手を伸ばすこともある。夕方は6時過ぎ、電話が鳴ったので、校名を名乗り電話口に出ると、「◯年◯組の◯◯の母親ですが、いつもお世話になっています。◯◯先生をお願いできますか?」

思わず、口にしていたなあ。「はい、こちらこそお世話になっています」って。あちこちの学校で働く教員の話を聞くに、「お世話してるのは学校なんやから、お世話になっています、なんて変な言い方やん」と気炎を上げるのに、当事者になるとこの有様。あーあ、良好な関係を保とうとして、思わず口にしているのかしらん。あるいは、あまり固く考えなくてもいいのかもしれないけれど。
[PR]
by walk41 | 2014-10-03 17:42 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< カン、コツ 健康寿命 >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
決まっても意思表明
at 2018-02-20 14:06
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧