学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

進級、卒業は誰が決める

3月は在籍生の進級や卒業が決まる時期でもある。本学の学生もぶじ卒業に至ってほしい。さて、大学に限らず学校が生徒や学生の卒業を決定するという仕組み、日本では当たり前のことに思われるけれど、決してそうではない。

たとえば、ドイツでは基礎学校(小学校)は当てはまらないけれど、中等教育段階に入ると、いずれも国家(州)試験での合格をもって、卒業が認定される。基幹学校修了(9年)、中等教育修了(10年)、大学入学資格取得(12年)というようにである。これらは、学校での成績も影響するけれど、州による試験が不可避で、教育修了は各学校によってではなく、州政府によって宣言されるのだ。

このため、9年間学校に通ったけれど、基幹学校修了資格を得られない生徒が数パーセント現れることになる。義務教育年限は経たけれど、義務教育は修了しなかったということである。

州政府による認定とは、ある意味で非情かもしれないけれど、頑張って勉強した生徒をちゃんと認めるためにも、厳密な手続きは重要とも言えるだろう。翻って日本では、たとえ出席日数が少なくても、学業成績が仮に0点に近くても、「まあ、がんばったから/これから頑張るって言っているから」と卒業が認められることになる。学校教育法において、義務教育段階でも原級留置が認められているにもかかわらず、である。

「そんなん、かわいそうやん」という声を予想して、取られる温情措置だろうが、これは教育的に適切な対応だろうか。頑張らなくても(もちろん、頑張れなかったこともあるのだろうけれど)なんとかなる、ということを学んだ彼らは、この先、大きな壁に当たるのではないだろうか。

法的に規定されていても、運用されることのない、伝家の宝刀状態の一つ。こんな現実を支えている私たちの心性を、より問いたく思う。


[PR]
by walk41 | 2015-03-06 12:26 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学び直し 学級だより >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
決まっても意思表明
at 2018-02-20 14:06
寛容さー多様性を認める/求める
at 2018-02-19 13:31
「タバコを止めよう」なのだけれど
at 2018-02-19 00:43
なぜ冬でも青いのかしら
at 2018-02-18 01:28
よりよい授業のために
at 2018-02-16 11:21
教員就職率
at 2018-02-15 14:15
授業参観で頑張る?
at 2018-02-12 21:06
新刊案内
at 2018-02-12 17:25
教員もブランド服を
at 2018-02-11 23:28
ゆるキャラ?
at 2018-02-11 19:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧