学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

テキストと感情

週末、新潟の地で勉強会に参加した。大括りのテーマのもと、それぞれの関心に合わせて発表、議論するというものだ。

その中で気づけたことがあった。それは、言葉は書き言葉と話し言葉に大別できるが、話し言葉は、方言なども含めて、感情を吐露する上でより適しており、これに対して書き言葉は、感情を抑制、むしろクールダウンさせる上で有効なのだろうなということ。

このことを学校教育との関わりで言えば、ノートをとらせる、感想文を書かせる、発表準備に臨むといったことが、感情を起伏少なく、控えめにさせる練習になり、ひいては自制へと繋げている。つまり、テキストを生じさせる作業が、セルフマネジメントの力を高めるという形式陶冶になっている、と導ける。

授業中、ほとんど板書をしない私は経験したことがないが、同僚がこぼしている。学生にノートを取らせようとたくさん板書するのに、最後にスマートフォンで撮影されると。

キーボードで打つのとまた手書きと違うのだろうけれど、ちょっとは時間を費やして、感情を抑え、冷静に自身を見つめる機会は大事だろう。話し言葉と同様に、書き言葉もいっそう大切にしたいと思う。自省を込めて。

by walk41 | 2015-04-05 13:37 | 身体 | Comments(0)
<< 終わりを決めよう どちらがいいのかな >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧