学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

リスペクト

忙しさにかまけてサボりがちだったが、真面目に学会に出てみた。

シンポジウム、テーマはさておき、登壇者の報告が一巡し、司会が聴衆に質疑、議論に入る。一番手の声が上がり話し出したが、どうも穏やかな口調ではない、登壇者を叱責するような発言も聞こえる。

司会が、ではどうですかとパネラーに向けた次の瞬間、ある登壇者が「僕は答えません。あなたの発言は相手に対するリスペクトがない。コミュニケーションが成立していない」と言ったのを聞いて、とても感心させられたのだ。

確かに、相手との間にコミュニケーション環境が成り立っていないのならば、つまり、やり取りする基盤を欠いているのならば、相手にする必要はない。出会った相手に対する尊敬、少なくとも丁寧さを伴なってこそ、楽しく、意味ある時間を共に過ごすことができるだろうということは、言われてみればもっともだが、勢い、嫌でも答えなければならない、さらには答えるように仕向けられているという事態は、ある意地で日常的だろう。

これも「尋ねられたら答えなければならない」とルーチン化されている身体ゆえの不幸である。教員にもいるではないか、「訊かれたら答えるのがマナーだ」と暴力的な振る舞いをして平気な輩が。冗談ではない、誰とコミュニケーションするかは、それぞれの主体の問題である。でも、そんなことに生徒も教員も気づかないんだろうね。

とまれ、「コミュニケーションしようとする相手にリスペクトがない」と仰ったパネラーの方、お見事でした。発表そのものは傍に置いて。

by walk41 | 2015-06-20 19:42 | 身体 | Comments(0)
<< 授業者冥利 黄色の傘 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員不足の責任はどこに Wo..
at 2019-02-24 10:35
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧