学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und Schulmitglieder

仮説の二つの意味

教務主任と研究主任をされているK-hanabi さんからのコメントに、「研究授業」に関わって仮説についての言及があったので、ちょっと整理したいなと思った。

①仮説とは、これから起こるできごとについて予想を立てていることである。「いま家を出たら、乗ろうと思っている電車に間に合うだろう」とか「この株は数年以内には、価値が大きく上昇するだろう」といった、何となくのものを含めて、誰しも大なり小なり予想のもとに生活しているから、仮説を抜きの意図的な行為は難しいだろう。この点では、「仮説ぬきに授業はできない」というのは正しい。

ただし、仮説における予想とは、厳密なものから大らかなものまで多岐にわたる。天気予報の的中率は1パーセントを競うが、恋が成就するデートの仕方を特定することは容易ではない。予想の度合いは様々だ。

②この点、授業は後者、大らかな予想しかできない部類に入る。授業の様子は、児童生徒の都合に大きく左右されるし、授業者とて、その日の気分や感情に影響を受ける。「いつでも、どこでも、だれでも」ができるような授業はなく、どの授業も「一回限りのできごと」として生じる。このように、授業はその設計者や行為者がすべてを制御できない点で、「ライブ」であり「出たとこ勝負」であって、授業者が全てを手中に収めているかのような議論は、したくてもできないのである。

だから、「〜すれば、〜になるだろう」という文法は、学校教育には馴染まないし、にもかかわらずこのスタイルを踏むと、「話し合い活動をすれば、コミュニケーション力が高まるだろう」といった同義反復(tautology)に陥ってしまう。自分でも変だなと、きっと思いながら、こんな作文を示さなければならない研究主任が気の毒なこと、しきりである。

③だから、大らかな予想として授業をとらえる、つまり、「〜すれば、〜になるだろう」ではなく、「〜になるには、どうしたらいいだろう」と、予め特定の仮説を立てず、どうなるだろうかと仮説を探す文法は、学校教育にふさわしい。

いま多くの学校で行われているだろう「仮説ー検証型」は、厳密な実証をするという体面を取りながら、実のところ、大らかな話にしかならない、しかも授業の捉え方、理解は質的、主観的、短期的であり、そして観察者効果が働きやすいもという特徴を持っているから、大らかな話そのものすら、かなり不確かなことなのだ。

④これに対して、「仮説探索型」とも言うべきものは、目標や狙いはおおよそ定まっているとしても、そのための方法やそれを支える発想は限定されておらず、むしろ多様なアイディアと試みが奨励される。これまで実践してきて上手くいっていないからこそ、問題が残っているのだから、新しい発想と方略が求められる。

だから、「研究授業」をするのなら目新しいことを試み、その妥当性を吟味しなければならない。あまり変わりばえのしない授業をしても、課題は積み残されたままだから、従来の枠を取り払うような、斬新で知的興奮を惹起するものでなければやる意味はない。問題はそのような授業や活動についてのアイディアが、教員に沸くかどうかである。

⑤自分たちがルーティンに浸っているのに、新しいことを発案できるだろうか。「研究授業をやると決めてくれたらやるから言って」というような雰囲気では、どれほど目新しいことが、しかも一回限りのお祭り騒ぎではない、その後もいわば使える授業や活動になるかの吟味に耐えるようなものを提案できるかどうか、心もとない。教員自身を革新するような構えなしに、新しい授業や活動はままならないだろうから。

忙しい毎日にあってなお、日々を新鮮に過ごさなければ、つまり、自分が囚われている枠組みに気づき、そこから解き放たれて、問い直すことができないような身体であれば、そもそも「研究授業」ができないということ、に気づかなければならない。


[PR]
by walk41 | 2015-08-25 07:40 | ことばのこと | Comments(0)
<< 教員による違いは避けられない 堂々と「わからないんやけど」と言おう >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
丁寧さはいかに身につくか ..
at 2018-09-22 04:45
教員の服装 Kleidun..
at 2018-09-22 03:57
上履き innere Sch..
at 2018-09-22 03:49
これではいい教材とは言えない..
at 2018-09-22 03:44
挙手 Hand hoch ..
at 2018-09-20 21:05
時間切れ? wegen d..
at 2018-09-19 18:19
ビール Bier
at 2018-09-19 14:48
教員が足りない Lehre..
at 2018-09-19 01:33
女性の結婚年齢 Das A..
at 2018-09-18 19:38
故障 außer Betr..
at 2018-09-18 12:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧