学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

模範遺族

広島市現代美術館で「1945年±5年」という企画展を観た。敗戦を戦後する5年間に何が描かれたかというモチーフだ。

印象深い作品に出会ったが、その一つが模範遺族として表彰された家の夫人画だった。自宅で描かれたのだろう、戦死した兵士の母親だろうか、目は明らかに逸らされており、間違っても、堂々たる遺族の雰囲気を湛えてはいない。筆者は、表彰されることの困惑といっそうの寂しさを表現したかったのかもしれない。

くわえて当時の、模範遺族という言葉、家族を亡くしてなお、模範的に生きなければならないと求められた世相のえげつなさを一つ示す言葉と、私は感じた。

by walk41 | 2016-08-18 11:52 | ことばのこと | Comments(0)
<< 感情の起伏のある研修、そして授業を こんなベンチの寄贈もいいね >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧