学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

萎縮することの怖さ

いくつになっても煩悩を断ち切れないというか、少し若い時のことを、ひょんなタイミングで思い出したりする。

当時、私は研究者としてスタートを切ったばかりで、その世界ではいわば一番弱い立場にあった。そんな状況で、普段から目を掛けてくださっていた別の大学の先生から、その時におられた海外の地に、夏休みだから遊びに来ないかと連絡を頂戴したのだ。それは嬉しいことだったが、その時の自分の立ち位置を考えて、つまり必要のない過度な萎縮をして、その話をお断りしていたところ、どこから聞きつけたか、「そちらに行くんだって」と職場の「上司」に咎められたのだ。

実際に行くつもりはなかったし、その旨を伝えたにもかかわらず、「そうは言っても行くんだろう」などと、ほとんど査問あるいはいじめのような言葉を浴びせられた。重ねて否定していたものの話が終わらず、最後に「誰がそんなことを話しているのですか」と返したところ、「君に言う必要はない」とキレられた。これが当時、60歳間近だった旧帝国大学教授の振る舞いである。なんと情けないことだったか。

ずっと後になって思えば、休暇の時にどこに行こうが、何をしようが、関知してはならない、ましてやそれに意見してもいけないことは、近代的な任用・雇用関係の原則だ。だから、こうした某教授の振る舞いがそもそも許されるはずもない(残念ながら、当時は、パワハラという言葉がなかったのだ。くわえて、自分の頭の悪さも災いした)。ましてや、この御仁は当時、「子どもの教育を受ける権利」などとミニ「人権派」を気取っていたのだ。言っていることと実際にやっていることが、これだけ鮮やかに相反するとは、唱道していることの金メッキが剥げたと言うべきだろう。

こうした環境にあって、むしろ自分がいけないかのように思ってしまいかねない萎縮、自己規制という身体状況が生まれるのは、まったく怖ろしいことである。日頃、自分の身体は制御しているつもりだけれど、必ずしもそうではないと気づくべき点である。

だから重ねて思う。今や一番弱い立場からは離れてしまった自分が、後進や関係する人たちに不自由な思いをさせていないか、反論や批判のチャンネルをしっかり確保しているか、できるだけ自由闊達なやりとりができるように、つまり肉体的・精神的・社会的に健康な場を設けているだろうか。これらを常に自省したいと。
[PR]
by walk41 | 2017-05-03 11:42 | 身体 | Comments(0)
<< 「コップに水が半分」 カタカナのタフさ >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧