学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

長期休業の集中と分散

ドイツは連邦国家であり、教育、文化、芸術の領域は「文化高権」(Kulturhoheit der Laender)と、16ある各州の権限がとても強い。けれど、連邦全体としての調整も必要であり、夏休み期間もその一つに該当する。休暇による混み具合の緩和などが考えられているのだろうか。

”州の夏休みは、ワーキンググループによって数年のリズムで合意され、常設文部大臣会議で決定される。これ以外の休業期間については、各州によって決められる"[常設文部大臣会議]のである

2018年の場合、一番早く夏休みに入るのは、ヘッセン州、ラインラントプファルツ州、ザールラント州の6月25日から。一番遅いのは、バイエルン州の7月30日からである。これらの州の間には1ヶ月以上の違いがある。もちろん、終わる時期も異なっており、8月3日から9月10日にわたる。家族などの休暇計画も大きく変わること間違いない。

b0250023_12310493.png
この図(https://www.kmk.org/fileadmin/Dateien/pdf/Ferienkalender/FER17_18.pdf)は、16州の休業日の重なり具合を示しており(なぜ色が違うのかは不明)、夏休みの場合、8月の最初の頃こそ、100%つまりすべての州が該当するものの、7月上旬から8月下旬では約半分の州に留まる。「どこもかしこも夏休み」の状況は、あまり見られない。

地方分権というのならば、こうした長期休みの分散もなされるべきだろうが、言わずもがな「ゴールデンウイーク」や「お盆」に見られる著しい集中の様子は、それと全く逆行していることを示している。「日本株式会社」と言われるゆえんである。







[PR]
by walk41 | 2018-01-14 12:42 | ドイツのこと | Comments(0)
<< 学校教員の業務負担論 社会実験は思惑通りに成功するか。 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
いじめは正義 Mobbin..
at 2018-10-10 00:47
これもあり得ないかなあ D..
at 2018-10-08 15:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧