学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

教員もブランド服を

東京・銀座にある中央区立泰明小学校(336人)が、新1年生の「標準服」をイタリアの高級ブランド「アルマーニ」のデザインのものに変更するとして保護者から苦情が出ている問題で9日、和田利次校長が記者会見した。和田校長は「銀座にある学校だからこそ進めてきたが、丁寧な説明をしながら進めるべきだった」と述べた。だが、新標準服の採用を撤回する考えはなく、「ご理解いただき、購入者側の判断で購入してほしい」とした。学校が着用を推奨するアルマーニの標準服は、上着やズボンなどで計約4万5000円と現在の2.5倍。セーターなどを加えると8万円を超え、保護者から批判や疑問の声が出ている。【大迫麻記子、稲垣衆史】(毎日新聞、20180209

-----------

これに対して「銀座だからいいんじゃないか」とか「義務教育でこれだけの保護者負担を強いるのはおかしい」、あるいは「外見から入っても内面は変わらない」、はたまた「(子どもの発達を見越して)丈が余った状態でアルマーニの服を着るなんて言語道断」、「地元業者と癒着しているのでは」との意見も飛び出しているが、これに一つ付け加えたい。

標準服とはいえ、児童にブランドものを学校として推奨しているのだから、そこで働く教職員がまさかユニクロ、しまむら、GUHMなどで調達した服を着てこないだろうね、ということだ。「子どもは教育される側、大人とは別だ」という言い分は通じないよ。ブランドものの回りに見合うのはブランドもの、そうでなければ格好悪い、それだけが理由だ。

ファストファッションで身を固めた教員がまさかブランドものをまとう子どもを指導するなど、バランスが悪すぎるだろう。「身近なアイテムをきちんと装うことの大切さを感じることも、国際感覚の醸成につながる」との校長の言もあるとのことだし。

さて、出勤のためのブランド服が公費の対象になるかどうかは、導入を決めた校長に教育委員会に掛け合うように言えばいい。もっともサラリーマンは基礎控除があるから、ここで何とかしろと返されるだろうけれど。そもそも、失礼ながら、ブランドが似合う体型や姿勢を大人の側が維持している/できるのだろうか。






[PR]
by walk41 | 2018-02-11 23:28 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 新刊案内 ゆるキャラ? >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧