学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

「いじめ」問題の見方

中学校教員と話をしながら、なるほどと思わされた。その一つは、いわゆるいじめ問題についてである。

「嫌な気持ちになった」を含む「いじめ」被害について、ある生徒から訴えがあるとする。現在の定義では、本人がそう感じたら「いじめ」の認知件数に含まれるが、日頃、生徒たちに接している教員が感じるのは、むしろ、その生徒がまわりに、ちょっかいを出して(関西では、「要らんことしい」とも言う)煙たがられた結果、たとえば「みんなが自分を避ける」、「自分が仲間はずれにされている」と感じるに至っているのではないか、ということだ。

「いじめ」の起こることが望ましいとは決して言わない。けれど、これは対人関係上、一方向とは限らず、また、受け止めを問題にする限り、敏感さ/繊細さの度合いによって事態の認識が変わってくる点で、けっこうな相対感覚を要するテーマなのだと改めて思う。「いじめられた」と感じる生徒が遠因で事態が発生している可能性、「気にしい」が著しいゆえに認識されうる可能性も含めて(逆に、閾値が高すぎて、つまり、鈍いゆえに問題である可能性も含めて)、考える必要があるのだなあと思わされる。

この点で「いじめられる方にも原因がある」という生徒の言い分は、限定付きながら妥当性を持っていると思う。以前の拙ブログに書いたが、鼻水を垂らす児童がクラスメイトを追いかけた結果、当の児童が「みんなにいじめられている」と言い出すほどに、まわりから忌避されたケースを思い出す。回りの声を勝手に代弁すれば、「あんたがウチらに嫌なことをするからやんか」だろう。ときに、嫌な思いをする児童が多くなるほど、「いじめ」は認識されにくくなるのだろうか。

かくも、コミュニケーションの起点と展開は実に曖昧で、対人関係についてはおよそ正確に事態を捉えがたい。どこから始まったのか、何がどうなって、こうなったのか。漏れなく説明するのが非常に難しいのは、関係者の怠慢のせいとばかりは言えない、なぜって、当人ですらよくわからず、受け止めの主観性、記憶の混乱、感情のもつれ、といっそう複雑になっていくのだから。



[PR]
by walk41 | 2018-03-13 06:11 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 不思議な文章 逆さスイレン >>



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧