学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

メッセージの発信と受信

年度末、人前で挨拶する機会が少なくない。

メッセージを発する側としては、相手の様子をできるだけうかがい、より伝わるように努めているけれど、それがどのように受けとめられているかは、なかなかわからない。むしろ、目に入った否定的な(そのように見える)振る舞いに心を奪われてしまい、挨拶のあと、ちょっと落ち込むことがある。

このことは、授業評価に関しても当てはまることだ。授業者としては、「良かった」「学ぶことが多かった」「楽しくできた」といった、授業評価での肯定的な回答よりも、「難しくてわかりにくかった」「まとまりがなかった」といった(授業者からすれば「学生にまとまっているかどうか、どうやってわかるんや」と毒づきたくなるものも含めて)否定的な回答に目が行ってしまう。たとえ、100人の学生中、たとえば後者が3人だったとしてもである。自分の中で、肯定的な評価がすっかり消え去ってしまう。

けれど、その後の何かの際に「いい話でした」「あのお話は心に染みました」と伝えられると、嬉しさもさることながら、「えっ、そんな風にも受け止められていたのか」と驚いてしまう。「みんなにしっかりと伝わったと思います」とまで言われると、立場上、多少のヨイショはあるにしても、「そうかあ、よかったなあ」と、先ほどまでのガッカリが飛んでしまうかのようである。

一対多という状況でのメッセージは、一対一、数人といった状況とは違うから、受け止めの様子を正確に捉えるのはいっそう難しいとは言え、発信と受信の間のずれはいずれの場合でも前提にしてよいかと思う。だから、教員がまま児童・生徒に言う、「それはさっき言ったでしょ」とか「何回言ったらわかるの」といった、発信すれば自動的に受信されるかのように勘違いしている場面に出くわすと、いたく残念に思うのだ。

by walk41 | 2018-03-20 14:19 | 身体 | Comments(0)
<< 人が亡くなったけれど、さわやか 学校の自律性はやっぱり担保され... >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
進化するサービス entw..
at 2019-02-23 20:32
過剰では? exzessiv?
at 2019-02-22 16:08
丁寧さ Höflichke..
at 2019-02-21 23:46
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-21 05:58
飛行機から投下された爆弾 ..
at 2019-02-20 09:21
バッテラ bateira
at 2019-02-19 16:50
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧