学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

普通科高校の「普通さ」

街中にいると忘れがちだが、日本は島国で、離島もたくさんある。橋が架かり、行き来が随分と楽になったところがある一方、島内で生活をおおむね完結せざるを得ない例も少なくないだろう。

そうした島にも学校があり、高校まで置かれている場合もある。しかも普通科であったりする。となれば、専門の学科、いわゆる職業学科を視野に入れていない地元の中学生にとって、この高校に通うことは大きな選択肢の一つになるだろう。なぜなら、中学生の段階で、農業、商業、工業、水産などと専門性を絞ることは、かなり難しいだろうから。

だとすると、その普通科の生徒間の学力的「輪切り」は、けっこうな厚みになる可能性が高い。複数の高校があるほど、輪切りの厚みは薄くなる。十数校を数えるほどであれば、一番手高校、二番手高校と、明確にランキングまでされる。けれど、一校のみだとそうはいかない。

この結果、普通科に在籍することは、まさに普通 general(一般的な)に適うものとなる。いろいろな学力状況の生徒がいる。得手不得手もきっと多様なことだろう。そうした生徒が一緒に学んでいるということの「普通さ」は、輪切りされていることに馴染んだ立場からは、新鮮なことかもしれない。

かたや、インクルージョン(包摂)やインテグレーション(統合)、あるいはさまざまなマイノリティを視野に入れた教育が叫ばれてもいる。その先取りとは言えないだろうが、「多様であることが普通」な学校に通う高校生は、島国そして山国日本で意外に多いのかもしれないな。

[PR]
by walk41 | 2018-05-17 09:01 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)
<< 学校経営という言葉 ベアドッグ >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サービス砂漠 Servic..
at 2018-10-17 23:29
いろんな子どもが一緒に学んで..
at 2018-10-17 18:52
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧