人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

いっそう多様な社会へ immer mehr pluralistisch

b0250023_23380600.jpeg
バイエルン州の州議会選挙が終わった。与党CSU(キリスト教社会同盟)は、第一党は維持したものの惨敗、連邦議会で連立を組むSPD(社会民主党)も議席をほぼ半減させた。これに対して、Grüne(緑の党)は倍増の躍進、AfD(ドイツのための選択」も約10パーセントの議席を得た。

Spiegel Online 2018.10.15 では、選挙結果を分析しているが、その一つが上の図のように、年齢層別に見た支持政党の分布である。CSUは年齢層が下がるほどに支持率が低下、これに対してGrüneは逆の傾向を示しており、若い世代ほど支持率が高い。

18ー24歳の若年層で見ると、一つの政党だけで政権を担うことは不可能、しかも二つの政党でも難しく、三党以上の連立政権を余儀なくされると見れる。このことは、政策が恒常的に折衝と妥協の所産として現れるだろうことを意味する。多様な価値観を前提とする社会とは、政策の一貫性や整合性を求めることができない社会とも言い換えられると思う。

by walk41 | 2018-10-16 03:49 | ドイツのこと | Comments(0)
<< 水晶の夜 Reichspog... もう言わずもがな nicht... >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧