人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

女性の職業としての教職 Feminisierung im Lehrerberuf

b0250023_08090776.jpeg


お世話になっている大学にて、今日は2つの授業にお邪魔したが、 ひとつは49人中 41人、もう一つは19人中14人が女性学生であった。合わせると、68人中55人、8割が女性だ。

教員養成大学という特徴も影響しているのかもしれないが、キャンパスはまさに多くの女性学生、そして多くの女性教員でいっぱいである。日本の勤務校でも女性学生は多い、とはいえ半数を少し超えるくらいだろうか。ましてや、女性教員は三分の一にも届かない。

以前に、教職のパートタイマー制度とその女性への傾斜というテーマで論文を書いたことがあるが(榊原禎宏「パートタイム労働としての教職像ードイツにおける教員の検討から」2010)、そのことを実感できるキャンパス風景である。

Heute habe ich eine Vorlesung und ein Seminar an der Hochschule teilgenommen und insgesamt 55 von 68 Studentinnen waren weiblich. Auch sieht man viele Dozentinnen hier. Das kommt eventuelle aus einem Charakter als Hochschule für Lehrerausbildung. Allerdings bei meiner Hochschule in Japan ist es ein bisschen mehr als hälfte. Bei Dozent, besetzt Frau weniger als ein drittel. Früher habe ich einen Beitrag mit dem Thema „Lehrerberuf als Teilzeitlichbeschäftigt und Feminisierung geschrieben und jetzt finde ich das in der Realität.


by walk41 | 2018-10-31 08:10 | ドイツのこと | Comments(0)
<< 大学教員によるパワーハラスメント にんじんと一緒🥕 >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧