学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

長くいるつもりではなかった Sie haben nicht gedacht, sie bleiben in Deutschland in längerer Zeit.

b0250023_00433719.jpeg

1956年、イタリアから「お客さん労働者」がドイツに到着した時の写真である。https://lebenswege.rlp.de/de/dauerausstellungen/arbeitsmigrationsgeschichte-in-rheinland-pfalz/anwerbung-von-arbeitskraeften/allgemeine-informationen/ より。

第二次世界大戦を通じて国土が壊滅的な状況に陥ったドイツだが、アメリカ、フランス、イギリスに占領された西側部分は、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)として、1960年代に入って「経済の奇跡」と呼ばれる好景気を迎えることになる。

ポーランドやチェコスロバキアといった、かつてのドイツ領から追われた人や、東ドイツからの難民を受け入れることで、労働力のバランスをとっていた西ドイツだが、1961年にはベルリンの壁が築かれたこともあり、労働力の深刻な不足に見舞われる。そこに求められたのが、お客さん労働者(Gastarbeiter)である。1955年のイタリアを皮切りに、1968年の旧ユーゴスラビアまで、地中海沿岸の国々と、労働者の募集に関する協定を政府間で締結、1973年までの間に、実に1400万人の外国人労働者がドイツにやってきた。

写真は、イタリアからの労働者がドイツに到着した時の模様を示しているが、注目したいのは、彼らを指して、Seasonarbeiter(季節労働者)と表現していることである。ドイツで求められる労働力を提供してもらえれば、じきにそれぞれの国に帰る人たち、だから、生活の基盤、なかで言語を学ぶ機会の提供については、ドイツの眼中になく、ましてやドイツで家族やコミュニティをなすとは考えていなかった。

ところが、ドイツに残ることを決めたおよそ300万人の人々は、自国の習慣、宗教、食事、衣服といった習俗を持ってきただけでなく、次の世代(第二世代)をもうけ、コミュニティをつくり、ドイツ社会を塗り替えてもきた。今はもう第三世代、祖父母の国ではあっても自分がいるべき場所とはとても思えない、そうした人々が増えつつある。

壮大な社会実験ともいえるが、誰も計画して実施というものとは程遠い、予期せぬ結果をもたらしている一つの事例と言えるだろう。



[PR]
by walk41 | 2018-11-06 00:46 | ドイツのこと | Comments(0)
<< そうじゃないだろう Es s... 相互文化的 interkul... >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
クリスマスマーケット We..
at 2018-11-17 16:57
ハンガリーの「ナチス」
at 2018-11-17 07:45
メニュー Speiseka..
at 2018-11-17 01:34
郵便ポストの色は違えども ..
at 2018-11-16 18:44
他言語に対する心理的障壁 ..
at 2018-11-15 07:42
クリスマスムード Vorw..
at 2018-11-15 05:54
回転 gedreht
at 2018-11-14 20:31
逞しい kühn
at 2018-11-14 07:07
わからない Das kan..
at 2018-11-14 05:54
ごみ箱 Abfalleimer
at 2018-11-13 21:56
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧