人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

不毛だ unsinnig

b0250023_07263259.jpeg
jurassicpark film より拝借。

読売新聞HP上の発言小町、世の中の勉強だと読んでいる。

「ジェラシックパーク」じゃなくて「ジュラシックパーク」です・・
という投稿に対して、多くのコメントがその通りと応じ、なかには「コミュニケーション」を「コミニュケーション」と言った人がいたことに対して、世も末と書いている人もいる。おおむね投稿者に同意のようだ。

外国語を日本語で表記すること自体に無理があるのだから、どっちでもいいというコメントもあるが、少数派と見える。私も「どっちでもいい」派だ。すでに日本語なのだから、どちらでも構わない。「コップとカップ」「スコップとスクープ」「グランドとゲレンデ」の違いを説明しにくいのと同じである。同じ意味なのに、輸入のされ方が違った結果、表記の違いになったに過ぎない。

「ジュラシック」という言葉は英語で、フランスとスイスの国境に位置する山岳地帯が、地層学的にジュラ紀にあたるということから来ているが、現地語に即して言えば、名詞の場合、フランス語でJurassique, ドイツ語ではJura, 形容詞の場合、フランス語でjurassien, ドイツ語でjurassischである。ドイツ語では間違っても「ジュ」ではなくどちらかと言えば「ユ」、フランス語では「ジ」または「ユ」という感じだろうか。つまり、いずれにしても「ジュラシック」などではなく、「ユラ」あるいは「ジラ」と書いた方が近い。

さらに問題なのは、後半が「シック」などではまったくなく、「シッシュ」「シエン」という音に近いことだ。つまり、「ジュラシック」は、「ユラシッシュ」「ジラシエン」あたりが妥当である。

えっ、ここでは英語での話をしてるんだって!? でも、ジュラ紀ゆかりの言葉はフランス語とドイツ語、英語は無縁だよ。なぜ英語で言おうとするの? 学校の教科書も、モハメッドがムハンマドに、毛沢東(もうたくとう)がマオツォトンと、なるべく原語に近い発音になっているんだから。外国語すなわち英語という、幼い発想はいい加減に卒業しようよ。そもそも、英語で言ってもjurassic は「ジュラシック」ではなく、「ジュラスィック」に近いんだし。





by walk41 | 2018-11-30 07:12 | ことばのこと | Comments(0)
<< 日常的な差別 alltägl... 添削サービス業 Korrek... >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さかきばら先生、 いつ..
by よなす at 00:05
よなすさんへ、いつもコメ..
by walk41 at 13:37
さかきばらせんせい、こん..
by よなす at 01:11
よなすさんへ コメ..
by walk41 at 09:40
さかきばら先生こんにちは..
by よなす at 03:01
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧