学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

情報操作 Information Manipulation

b0250023_22322882.jpeg

南ドイツの学校博物館にて、年配の方から話を聴く。ナチズム期、家々にはラジオを置き、毎日聞かなければならないとされていたのだという。写真の右にあるように、そのラジオからは、音楽と太鼓、そして勝利万歳の叫びと歌声が連日流されたのである。

今でこそ、一方通行ではない複数のメディアを通じて、情報が刻々と飛び交っているけれど、新聞とラジオに限られた当時の環境では、それに抗う術もほとんどなかったことだろう。

by walk41 | 2019-01-03 22:38 | ドイツのこと | Comments(0)
<< 街の今昔 Damals un... 「子ども市場(Kinderma... >>



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧