学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

カテゴリ:未分類( 290 )

福島 Fukushima

b0250023_14290137.jpeg

たまたま通りかかったところで、2011年3月の原発事故後、福島県相馬市から避難されている、青田恵子さんという方が作られた布絵展を見ました。

「私のからだは福島の土で出来ている 心は福島の風と森の匂い出来ている」という一文に、とくに心を打たれました。

Zufällig bin ich eine Ausstellung von einer Frau Keiko Aota, die nach dem Atokkraftwerk Unfall in Fukushima evakuiert hat, vorbei gekommen.

Mir ist ein Text besonderes eingefallen, „Mein Körper besteht aus dem Boden in Fukushima, mein Herz besteht aus dem Wind und dem Wald in Fukushima“.



by walk41 | 2019-03-13 14:38 | Comments(0)

進化するサービス entwickelnder Service

b0250023_20234978.jpeg

久しぶりに覗いたら、ショッピングモールに買い物カートのままに仕舞うことができるロッカーができているではありませんか。冷蔵ロッカーにも仰天しましたが、これにもびっくりです。顧客志向が強まっていることを感じます。

Auf einer Weile nach, wenn ich den riesigen Supermarkt geguckt habe, habe ich die Schließfächer, die man auch mit dem Einkaufswagen benutzen kann, gesehen. Daneben hat die gekühlte Schließfächer dort mich doch überrascht. Damit fühlt man sich die Entwicklung der Gäste-Steuerung Marketing.



by walk41 | 2019-02-23 20:32 | Comments(0)

「構ってほしい」kümmere mich!

b0250023_17185275.jpeg

日本のあるスーパーマーケットに張り出された「お客さまの声」と店からの返答。

「ドライアイスもハシも必要としないけれど、聞いてくれないのは不愉快だ。1回だけならまだしも、この頃ずっと聞かれた事がない。おたくの職員は弁とう等は手で食べる習かんがあるのか。次聞かなければ店長を呼ぶつもりです。そのかくごでレジに立ってほしい」

「いつもご利用頂き誠にありがとうございます。この度はご不快な思いをさせてしまいまして申し訳ございません。レジ従業員には箸が必要かどうかの伺いをするよう指導いたしました。もし万が一聞きもれがございましたら箸の必要の有無をお声掛け下さいますと大変助かります。」

恐るべし。これがカスタマーハラスメントか。何かの代償行為としてのイチャモンかもしれないが、「お客さま至上主義」の果てとも感じる。

私の小さな経験の限りで、店長の返信を南ドイツ風に書いてみよう。
「箸がほしいならば、売っているので商品棚から取ってくるように。なお、レジ従業員の業務を妨害する行為に対しては警察を呼びます。」

In einem Supermarkt in Japan, stehen wie unter eine Anzeige der Gaeste und eine Antwort der Geschaeft dafuer.

"Ich brauche zwar kein Trockeneis oder Staebchen, aber dass der Kassenberater das mich nicht fragt, ist aergerlich. Wenn es nur einmalig waere, kann ich das akzeptieren, jedoch werde ich waehrend dieser Zeit nicht gefragt. Essen Ihre Mitarbeiter Lunchbox ohne Staebchen, nicht wahr? Wenn ich naechstes Mal nicht darueber werde, rufe ich den Geschaeftsleiter. Dass soll die Kassenberater wissen."

"Vielen Dank fuer den immer Besuch von Ihnen zu uns. Entschuldigen Sie bitte, dass Sie schlechte Erfahlung bei uns gehabt haben. Ich als Geschaeftsleiter hat sicher meine Mitarbeiter gebildet, sie sollen die Gaeste nachfragen, ob die Gaeste Staebchen brauchen. Wenn meine Kassenberater zufaellig Sie nicht fragt, waere es sehr schoen, wenn Sie freundlicherweise das aeussern, ob Sie Staebchen brauchen oder nicht."

Ich finde es ist furchtbar. Es soll Harassment von Gaeste gegen Geschaeft genannt werden. Ich vermute, wenn der Geschaeftsleiter in Sued-Deutschland waere, schreibt er wie unter die Antwort.

"Wenn Sie Staebchen moechten, nehmen Sie das als Ware aus dem Regal. Wir weisen darauf hin, wenn Sie die Beschaeftigung der Mitarbeiter stoeren, fuehrt das polizeiliche Anliegen."






by walk41 | 2019-02-21 05:58 | Comments(0)

バナナの木 Bananenbaum

b0250023_20195229.jpeg

長く生きてきたはずなのに、常春の島で生まれて初めて見ました。バナナの木です。店頭で見るものと違って、緑に近い色、突き上げるような格好で実がなっていることにも、驚かされます。じゃあ、下になる果軸に近い方がより甘いのかしら、などと思ったりもします。

by walk41 | 2019-02-05 20:23 | Comments(0)

障碍者の社会参加 Tailhabe der Behinderte

b0250023_03122423.jpeg

土産物屋さんに並べられていた、地域の風景を描いた陶板です。見ると、障碍者による、地方政府に認められた質の高い作品とあります。ここでも、障碍者の社会参加を促す取り組みがあるのだと知らされました。カナリア諸島のテネリフェ島にて。

Im Insel Teferiffa sieht man kleine Keramik beim Souveniorshop, die von Behinderte hergestellt und von Landesregierung anerkannt ist. Damit versteht man, hier auch wird die Teilhabe der Behinderte in die Gesellschaft gefordert.

by walk41 | 2019-02-05 03:17 | Comments(0)

郵便ポスト Pfosten

b0250023_01383072.jpeg

郵便ポストは切手と並んで、国家の象徴でもあります。郵便ポストを見れば、ここがどの国家に属するのかがわかりますから。

ここは、スペインの首都マドリードから南西に、飛行機で3時間以上離れたカナリア諸島。北アフリカのモロッコまで100kmほどのところですが、スペイン領となって久しく、スペインの黄色ポストと“correo“(郵便物)というスペイン語があちこちに見られます。

スペインの東のバルセロナからは、大西洋を挟んでカナリア諸島まで約2500km。それでも同じ国家ですから、とても不思議なことです。

Pfoten ist wie Briefmarke ein Symbol des Staates. Mit dem Pfoten kann man wissen, welchem Staat hier gehört. Kanarische Inseln sind zwar von z.B. Barcelona ca. 2500 Kirometer entfernt, aber sie gehören auch Spanien. Das ist wirklich interessant.

by walk41 | 2019-02-05 01:54 | Comments(0)

残業を許さない gegen Überstundenarbeit

b0250023_01151558.jpeg

Zeit online 20190105 https://www.zeit.de/politik/ausland/2019-01/budapest-zehntausende-demonstrieren-gegen-ungarische-regierung?utm_content=zeitde_redpost_zon_link_sf&utm_source=facebook_zonaudev_int&utm_term=facebook_zonaudev_int&utm_campaign=ref&wt_zmc=sm.int.zonaudev.facebook.ref.zeitde.redpost_zon.link.sf&utm_medium=smより。

ベルリンの壁の崩壊を始め、中欧、東欧諸国における共産党系政権による独裁政治が終わりを告げた1989年から、今年で30年になる。興味深いのは、当時の闘士で今や大統領になったほどの人物、例えばハンガリーではViktor Orbánが「右派国家主義的」(rechtsnational)と評され、批判の対象となっていることだ。

上の記事によると、首都とブダペストで行われた、野党と労働組合による1万人のデモで人々は「我々は奴隷にならない」「汚いFidesz党(与党)」と叫び、市内中心部から国会議事堂までを練り歩いた。昨年12月に可決された法律が、雇用者は労働者を年間400時間まで超過して働かせることができ、かつその分の賃金あるいは休暇を3年間引き延ばすことができるというものであり、これにオルバン政権の与党が賛成したことに対する抗議である。

こんな記事を読むと、年間400時間、月あたり33時間、労働日あたり1時間半ほどの残業で、大騒ぎになるハンガリーから見れば、残業(しかもサービス残業!)は当たり前で、さらに月に80時間(ハンガリーの法律の上限の2倍以上)を「過労死ライン」に設定している日本は尋常ではない。

「おもてなし」の精神は尊いけれど、それ故に心身の健康を破壊してしまうのならば、本末転倒だろう。だから重ねて思う。日本のサービス水準を今より下げて、みんなの可処分時間を増やす方向に舵を切ろうと。




by walk41 | 2019-01-07 02:11 | Comments(0)

十字架のない教会 Kalvanische Kirche ohne Kreuzung

b0250023_21484177.jpeg

十字架のない教会を初めて訪れました。カトリック教会や福音派プロテスタント教会であれば、磔刑に処されたイエスと十字架が来るところに、司祭の演台が置かれています。

それは、この教会が、ルター派と比べてはるかに厳しいカトリック批判を行ったカルヴァン派ゆえかもしれません。十字架を受け入れることで恩恵を得ようとすることを批判した考えの表現でもあるのでしょうね。ブダペスト市内にて。

by walk41 | 2018-11-20 21:53 | Comments(0)

ドイツよりは快適だけれど zwar bequemer als das in Deutschland

b0250023_07414337.jpeg

ハンガリー、ブダペスト市内のミニスーパー、24時間営業、休みなしの店です。

感心したのは、買い物かごを台に置くと、店員がかごから商品を取り出して、左から右にバーコードを通していく方式なので(まさに日本のスーパーがこのやり方なのだけれど)、ドイツでのように、客が自ら商品をかごから取り出す必要がない点です。

けれど、よく見てください。買い物かごは2種類あり、左手のかごはキャスターのついた、つまり客が店内を転がしていたかごです。これを汚いなあなどと思うのは、潔癖に過ぎるというものでしょう!?

Im kleinen Supermarkt in Budapest. Ich finde es viel besser beim Einkauf, weil der Verbraucher die Ware auf den Band nicht selbst tragen muss. Aber sehen Sie genauer, es gibt zwei Sorten Körbe und ein hat die Rolle, die im Laden laufen. Wenn Sie es schmutzig meinen, brauchen Sie zu viel Sauberkeit!?

by walk41 | 2018-11-20 07:57 | Comments(0)

伝統的なものだった das ist schon traditionell

b0250023_12592253.jpeg
Halmi Artúr Lajos, Vizsga után című festménye, the Hungarian National Gallery 所蔵。

過日の記事で、カフェのメニューが、布団叩きみたいでユニークと書きましたが、そんなことはありませんでした。なぜなら、私がユニークだと思ったのは、「試験のあとで」と題する1890年のこの絵の右上に見える、年配の男性が見ている新聞そのものですから。

これが、ハンガリーゆえのものかどうかもわかりませんが、長く使われてきたものであることを知ると同時に、自分が知らないだけなのにユニークなものだと判じてしまった、認知の歪みが生じる一例だと学びました。


by walk41 | 2018-11-19 13:16 | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ コメ..
by walk41 at 09:40
さかきばら先生こんにちは..
by よなす at 03:01
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
23.7時間と27時間の謎 ..
at 2019-03-19 16:48
すみません Entschul..
at 2019-03-18 14:53
サルサソース die Salsa
at 2019-03-17 15:51
喜びで泣ける仕事 Beruf..
at 2019-03-16 09:08
「らしい」という表現
at 2019-03-15 12:44
マニュアルの適切さ Ange..
at 2019-03-14 12:14
困る合言葉 unangene..
at 2019-03-14 11:58
福島 Fukushima
at 2019-03-13 14:38
微妙? komisch?
at 2019-03-11 14:17
すべては国家のために al..
at 2019-03-10 18:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧