学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

カテゴリ:音楽( 15 )

ブラボーおじさん

コンサートに行った。

年末の行事ということもあり、プログラムにエンターテイメントの要素を入れなければいけないという事情もあるのだろう。コンサートとテレビ番組とを勘違いしてか、普段はお会いしないタイプの聴衆を見かける。その一人が、ブラボーおじさんである。

一曲が終わった時点で早くもブラボーと叫ぶ。まあいいのだけれど、あんた演奏中にウンチクよろしく隣の人とお喋りしてたよね。演奏を聴いてはったっけ。

御仁が中座をしたので、ああ叫んだから早くも帰ったのかと胸をなでおろしていたら、じきに戻ってきて、またブラボーである。 また声が上がらないかとヒヤヒヤしながらだから、こちらは落ち着かない。そうこうするうちにプログラムが終わる、終わったらこれまたブラボーだ。

ちなみに、男性一人の演奏に対する賞賛はBravo, 男性複数ならばBravi、女性一人場合はBrava、女性複数に対してはBrave、そして男女混合にはBravi なのだそう。ブラボーばかり叫ばないで、こんなことも踏まえていてほしいな。


[PR]
by walk41 | 2017-01-01 16:31 | 音楽 | Comments(0)

怒りから始まる?

民放、題名のない音楽会は、クラシックのカルテットがヘビーメタルに挑戦。バイオリン、ヴィオラ、チェロの四方が激しく弾く。残念ながら個人的には好きになれなかったが、こんなことをやってみようと思ったきっかけに、音楽が怒りから発するというという見立てがあるという話は、とても興味深く聴いた。

論文の書き方講座で学生によく話をする。不健康だけれど、論文は怒りがないと始まらないし、また続かないよ。だから、どんな現状や現状認識に対して怒りを感じているのかを確かめよう、まず見つけよう、と。

音楽の演奏と論文の記述のスタイルは違うけれど、意外に通じるところがあるのかもと思わされる。やっぱり感情から始まるんやなって。



[PR]
by walk41 | 2015-03-16 13:12 | 音楽 | Comments(0)

合唱

中学校の文化祭で生徒たちの合唱を聴く。

難しい課題曲だったようだが、どのクラスも懸命な練習の成果がいかんなく発揮されたものだった。また、自由曲はそれぞれのクラスの好みというか味のある選曲と演奏が行われた。いずれも充実した発表だったと思う。ちなみに、ピアノ演奏のできる生徒、指揮棒を振ることのできる生徒が、ちゃんといるというのも、すごいなあと関心させられる。これは中学校で普通のことかしら。

さて、プログラム最後に成績発表。金賞を受賞したクラスが2つ選ばれた。クラス名を呼ばれた瞬間の生徒たちの喜びよう、盛り上がりは結構なもので、涙ぐんでいる生徒も少なからず。頑張りが報われたと大いに感じたことだろう。

この成果をどのように言語化、数値化、客観化するのか。そんな野暮なことを言うでない。言葉にならない、数値で表現できない、主観的な受け止めと、移ろいやすく、儚い瞬間ともいうべき時間の出来事に価値があるのだから。

授業という日常的世界にPDCAサイクルは回らない、ただし、特別活動関係の非日常的世界ではそれが適用可能なところもある、とこの頃、話しているけれど、後者とて、客観化うんぬんできるのは、教育しようとするについてのみ。文化祭を経験した生徒たちが何を感じ、どう思ったかを掴まえることは無理な話である。そして、この部分こそ、生徒にとって意味のあることだ。「子どものための学校」を標榜するならば、この点を見て見ぬふりして学校論、学校経営論を語ることができない、と重ねて心しなければならない。
[PR]
by walk41 | 2014-10-24 16:18 | 音楽 | Comments(1)

音とコミュニケーション

正確には音楽ではないだろうけれど、広く音の問題ととらえてみたい。

NHK「100分de名著」、今月は、清少納言「枕草子」である。春はあけぼの…、は中学校の教科書にあり、これをもじった作品を作って,国語の先生に褒められたことがあった、というほどの印象しかないが、観ているとなかなか面白そうだ。

その中でも音の描写が優れているとは、案内役の埼玉大学名誉教授の山口仲美さん。『犬は「びよ」と鳴いていた-日本語は擬音語・擬態語が面白い』の著者でもあるが、枕草子の「火箸をしのびやかに突い立つるもまだ起きたりけりと聞くもいとをかし」など、小さな音を描写する様子を取り上げる。

この後段の話。着物を脱いだときの音を当時は、「そよそよ」と書いたらしい。想像かき立てる、また女性を描いたことが多かったのだろうか、奥ゆかしさも感じられて、いいなと思う。不正確かもしれないけれど、「ああ、わかる、わかる」という感覚の一つだろう。番組ではこの他、香りについても扱われていた。ほのかに、あるいはかすかに香る匂いを楽しめることも、生きる喜びに違いない。

こう考えると、客観的な記述、なかでも数値化なるものが、どれほど無粋なものかが、わかるというものだ。正確に伝わるだけがコミュニケーションではない、むしろ、ずれのあることを前提に、そして相手の捉え方を想像し、楽しむことのできる豊かさこそ、大切なことやなあとこの頃の私は強く思わされる。
[PR]
by walk41 | 2014-10-11 13:13 | 音楽 | Comments(0)

津軽三味線

北津軽にある太宰治の生家「斜陽館」のほぼ向かい、津軽三味線記念館でも初めて知ることがたくさんあった。

弱視あるいは視力を失った人が、三味線を奏でながらも物貰い乞食と同じようだった歴史、これに対して明治の始め、芸術として奏法を確立し、職業としての三味線弾きを生み出した先人のいたことを、印象深く知った。昔は疱瘡などの病気で、後天的に視力を失った人がいたことも驚きだった。

賎民として扱われてきたことへの反発と同業者を含む競争心、「じょっぱり」の所以がここに一つあるのか、やはり、向上心は不満と怒りに拠るのかなとも思わされた次第だ。
[PR]
by walk41 | 2014-05-04 14:54 | 音楽 | Comments(0)

自分に気づく

先日、「地球イチバン大きなオーケストラ教室~ベネズエラ~」(201210放送)を学生たちと見たと書いたが、その感想の中に印象深いものが沢山あったので、紹介したい。

音楽というと、どうしてもお金を持っている人たちの一種の娯楽のようなイメージがあったけれど、きょう映像を見て、その考えは正反対になったような気がします/私も音楽の力を信じて、これからも頑張りたいと改めて思いました/オーケストラ音楽の受容のされ方が日本とは大きく違っていることに驚いた。…上手くは言えないが、「人が支え合って生きる」という根本的に大切なことを学ばせてくれるものだと…/音楽は人と人とをつなぐものだと感じました/人を動かす音楽とは何かということ、自分が学んでいる音楽は何のためかということを考えなおさないといけないなと…/

当たり前なことが幸せ」とはよく耳にしますが、まさにこのことなんだなと、今の自分の生活に感謝の気持ちでいっぱいになりました/自分も音楽のおかげで救われたこともたくさんあるなと、思い返すことができました/上手い子が教えるというシステムはとても良いと思います。以前、私たちが合奏をしていると注意されるのはいつも同じ子でイライラしていました。そうではなく、すぐに手をさしのべて助けてあげればよかったなと…/


少なくない学生が音楽をいま学んでおり、ともすれば、音楽のあるのが当たり前にも見えがちだが、そうした彼らが、ベネズエラでのエルシステマのことを通じて、自分のありように気づけたことは良かったと思う。

これと同時に、いつもという訳にはいかないけれど、「打てば響く」ような資料や問いかけに向けて、授業者がどれほど心を砕いているかも問われると感じた。学生からの授業評価に対する授業者の腹立ち模様を過日書いたが、そうした反論を認めつつ、彼らの意識や感覚によりかみ合う場を作り出すことがそれ以上できなかったのだろうか、と残念に思う。

多くは週に1度くらいしか会わない学生たちと「いい雰囲気」を作り出すこと、楽しくたゆまず臨みたい。

[PR]
by walk41 | 2014-01-20 21:18 | 音楽 | Comments(0)

希望

学生たちと一緒に、NHK地球イチバン、「地球イチバン大きなオーケストラ教室~ベネズエラ~」(201210放送)を見た。ホセ・アントニオ・アブレウ博士が提唱した音楽教育システム「エル・システマ」は、国の予算と寄付で運営されており、現在33万人もの子どもが無償で楽器を貸与されて、音楽を学んでいる。今回の特別企画は2000人のコンサート、そこに至るそれぞれの子どもの生活を紹介するものだ。

ここで学んだ一人で、今や世界的な指揮者のグスターボ・ドゥダメルが語る。「ベネズエラにとって音楽は娯楽ではなく、希望なのです」と。

この番組でも紹介される。日本にもこの仕組み「エルシステマ・ジャパン」http://www.elsistemajapan.org/ が生まれ、東日本大震災、原発事故の多大な影響を受けた福島県の相馬市に子どもオーケストラが作られたことを。

また同番組の終わりには、再びベネズエラに戻るが、新たに女性刑務所においてオーケストラとコーラスに取り組まれていることが紹介される。受刑者の一人がこんな風にを語る。「ここに来た時、私には何もありませんでした。しかし音楽に出会うことができて世界が変わったのです」と。

希望は絶望の中に宿る。希望を持ち続けることの難しさを知ってなお、希望に臨むとはどういうことだろうか。そして、共感を育む、万国共通の言葉とも言われる音楽の力強さを知らされる。
[PR]
by walk41 | 2014-01-16 19:31 | 音楽 | Comments(0)

メッセージ

引き続き、録画していたBSプレミアム、ザ・プロファイラーを観る。今度は「ベートーベン」。

苦悩から歓喜へと辿ったベートーベンの曲は、「100%の集中でこれを聴け」というメッセージ性を強く持っていたことがよくわかった。それが、一部の貴族に専有されていた音楽を、広く人々のものとすることにも繋がっていったのだろう。

日本でもお馴染みとなった第九交響楽は、今やヨーロッパ共同体(EU)の「国歌」ともなった。Alle Menschen werden Brueder.(すべての人々が兄弟になる)というベートーベンのメッセージは、少しずつ、でも確かに形になっているようである。

音楽を通して平和をと伝えてくれているベートーベンに、ほんの少しでも応えられるように、自分に与えられた場で「より良い」ものを生み出せるように、励みたいと思う。

今年一年、拙ブログを読んでくださり、ありがとうございました。どうぞ良き新年をお迎えください。



[PR]
by walk41 | 2013-12-31 10:54 | 音楽 | Comments(0)

「ドレミ」

galantさんの指摘を受けて、いくつか読んでみた。

手軽なのですぐ頼ってしまうwikipediaによれば、日本は階名と音名のいずれも、イタリア式に準じる限られた地域とのこと。また、最近の論文では、吉田孝「音楽科における『ドレミ』の扱いに関する一考察」『教育学論究』4(関西学院大学)によれば、教育学部の学生166名中、音名をイロハで答えられたのは、3.6%に過ぎない。くわえて、音名と階名の概念を正しく理解していると思われる学生は、何とわずか1名という。

さらに、学習指導要領に関わる説明からも、文部科学省はドレミを音名としても階名としても用いることを認めてきたのである(p.113)とあることから、専門家での峻別とは別に、一般には階名、音名ともに「ドレミ」と扱われている、と見てよいのではないだろうか。

先の論文にも、音楽教員ですらこの点で理解が混乱しており、「楽典の体系のとおり、『音名はイロハ、階名はドレミ』と使い分けている人に出会うことの方がむしろまれである」(p.110)と記されることを踏まえて、音楽教育のこれからを考える必要があるかな、と思う。皆さんのご意見を頂戴できればありがたい。
[PR]
by walk41 | 2013-12-06 17:04 | 音楽 | Comments(2)

学びなおし

知りませんでした、音階で馴染みのあるドレミファソラシドは、イタリア語から来ていたなんて。英語やドイツ語では、CDEFGABC、日本語では、はにほへといろは、ということも聞いたことがあるような、ないような状況です。だったら、英語の順で知りたかったなあ。より規則性がはっきりすると思うから。

これまた聞いたかもしれないのですが、あやふやだった「いの一番」が、音の長さ。なぜか全音は4拍、二分音符は2拍、以下、♩、♪、…と続くということも、今更ながら、なるほど~、です。付点二分音符は2+1,付点四分音符は、1+1/2,とまったく数学的なことにも、(実に遅ればせながら)驚かされます。こういうことなら、音楽の最初は算数と一緒やで、って教えてもらえたら、きっと興味を持っただろうに(そう教えられたのかも知れないけれど(^^;))。

思い出せば、不幸なことに、あるいは勘が働かなかったことに、二分音符を「にぶおんぷ」とは知っていても、「にぶん、された音符」とは理解していなかったこと。これまた、「そうだったのかあ」です。実に恥ずかしながら。どうして「にぶん」と教えてくれなかったのかしらん。私だけかもしれないけれど、「にぶ」って二割みたいなイメージありませんか? 

全音符+二分音符+四分音符+八分音符=7.5、、付点全音符+二分音符-付点四分音符=6.5、と代数的に扱えることを知っていればなあ。いやはや、こんなことからも違う世界が見えるって、楽しいことです。


[PR]
by walk41 | 2013-12-05 19:41 | 音楽 | Comments(1)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
授業改善と教育の質(ドイツ語..
at 2018-04-25 21:18
文責
at 2018-04-24 22:05
大学の連携先
at 2018-04-23 23:00
女性頼みの観光誘致?
at 2018-04-22 07:13
女子大学のジレンマ
at 2018-04-21 06:36
実科学校修了試験のドイツ語を..
at 2018-04-18 14:57
女人禁制再論
at 2018-04-16 15:26
これは男女平等とは言えない
at 2018-04-16 06:44
博物館の頑張り
at 2018-04-15 08:27
自然のものとは知らなかった
at 2018-04-13 21:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧