学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

カテゴリ:映画・ドラマ( 11 )

教育と宗教

「スポットライト 世紀のスクープ」(2016年)を観た。

アメリカのボストンでの実話を映画化。カトリック教会神父による少年・少女への性的虐待を地元の新聞社が長期の取材、神父全体の約6%にも上るという研究者の声も得て、1500人中、87人の疑いある神父を見つけ出し、70人による加害を暴露した話である。

その中で被害者だった元少年が次のように語る。経済的にも愛情的にも貧しい家庭で育った子どもにとって、教会は別世界であり、そこで神父に認められることは有頂天になる。そこに性的虐待が行われると、信じられない、ましてや告発することなどとてもできない、教会に送り出した近親者にすら認められず、逆に非難すらされかねないような状況に置かれる。神父に逆らうことは神への裏切りでもあるからだ。そうした自分を愛せず、やがて自死した被害者も少なくない。語ってくれた今や大人は自身を「生き残り」と称した、壮絶な話である。

巨大な力を持った/持つと思わせる神父による虐待という構図は、韓国での実話を映画にした「トガニ-若き瞳の告発」(2011年)を思い出させる。聴覚障碍をもつ子どもたちを集めた全寮制の私立学校で、何と校長を始めとした教職員による、生徒たちへの性的虐待が行われていたのだ。

権威の存在、それを自明として自律できない指導者、彼らを庇護し事件を隠蔽する組織-これは教会に限らず学校についても当てはまるのではないだろうか。

最近、こんな教師が中学校にいたと元生徒から聞いた。生徒を日常的に殴っていたその輩はこう話していたそうだ。「殴られたおまえの痛みはじきに消えるが、おまえを殴らなければならなかった俺の心の痛みは消えることはない。」-まあなんと便利な言い方だろう。

昨今、教職は高度専門職にふさわしくあるべく、コンピテンシー論や教員育成指標の策定と、まるで能力のパーツを組み合わせれば「教員がひとり出来上がり」かのような話にもなっている。けれど、教育という労働上、どうしても認められる「教育上の自由」をうまく制御できる自律性こそ、専門職のゆえんではないだろうか。

「そういう規則になっているから」とか「時代がそう求めているんだ」と、他者のせいにしないで、自分で考え、ふりかえり、他の意見にも耳を傾け、行為できること、それを支える使命感や潔さをいかに担保するか。「自信たっぷりに、揺るがぬ信念をもって」ではなく、「こわごわと仕事をする」ことの大切さを知っていること、そもそも知る力を持っていることが、けっこう重要ではないかと思う。





[PR]
by walk41 | 2018-05-04 23:34 | 映画・ドラマ | Comments(0)

人が亡くなったけれど、さわやか

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが主演の「最高の人生の見つけ方」(2007年)を観た。一代で1000億円を超える財産を築いた男と、歴史学の教授になりたかったものの、子どもをもうけたために自動車整備工として45年間働いた男が、いずれも末期ガンを宣告されて、入った病室がたまたま同じだったことをきっかけに、人生最後の数ヶ月、世界を旅する物語である。

The Bucket List”(死ぬまでにしたいことをリストにしておくこと)という原題が示すように、これまでやったことのないことに二人で挑戦するという展開だが、旅の途中、後悔や諦め、喜びや自負を含めてそれぞれの人生を語る。家族に対する感謝と怨嗟も出てくる。その中で、自分なりの人生の総括をしていったのだろう。やがて二人は逝くが、リストをすべてやり終えた、その終わりはとても爽やかである。

「悲劇は死で、喜劇は結婚で終わる」というヨーロッパ演劇の言葉があるが、この映画にその区分は当てはまらない。誰もが避けられない死をどのように迎えるか、それまでにどのように生きるのかというテーマは、そもそも悲劇・喜劇の区分に馴染まないのかもしれない。けれど、このテーマはかなり普遍的と思うのだ。

他者の死を通して自分の生について考えさせられる、そんな良い作品だと感じた。

(写真は、https://imachan1965.muragon.com/entry/290.html より拝借)
b0250023_14094702.jpg

[PR]
by walk41 | 2018-03-21 14:13 | 映画・ドラマ | Comments(0)

見て見ぬふりをしている自分

b0250023_23174883.jpg
上の画像は、http://masterlow.net/?p=217 より拝借。

映画「この自由な世界で」(2007年、イギリス)をインターネットで観た。イギリス作品ということで米語とは違う英語が新鮮だった。

さて、この作品ではイギリスにおける移民、難民問題が正面から扱われており、ポーランド、ウクライナ、ルーマニア、コソボといった東欧やロシア方面、あるいはイランなどからやってきた人々の状況が描かれる。ドイツ、フランス、オランダやイタリアといった国の名前は挙がらない。同じヨーロッパでも扱われ方は違うこと、さらにその周辺の国々に対する、イギリスのおおよその世論を出演者に代弁させているように思われた。

こんな映画を観ると、「順法精神(コンプライアンス)が大切」といった行政官の物言いや、「みんなが規則を守らないと世の中が乱れてしまう」と物知り顔でいうような教師の言が、いかに安定した、平和な社会にいるからこその世界観に基づいているかがよくわかる。それは、守りたくても生存が、生活が優位するから、守れないことを想像できない、あるいは「嫌だったら、国に帰れ」がいかに酷い言い方かを共感できないことと、さして違わないと思う。みんなが守るべき法や法律があって当たり前と思う「脳天気さ」(「豊かさ」)を疑わない/疑えないか、知っていて知らぬふりを決め込んでいるか。いずれにせよ、褒められた話ではないということだ。

同フィルムの中にこんな感じの台詞がある。”国では教師や看護師、医者だった連中が、ここではウエイターの仕事しかない。しかも最低賃金でだ。” 日本は移民を「最劣等生」なほどに受け入れていないので、一見、「一億総中流」に見えなくもないが、実際には「不法移民」がいるだろうし、彼らだからこそ担ってくれる仕事もあるだろう。

選挙権/被選挙権を持たず、そもそも住民であると胸を張ることもできず、それでいて消費税ほか税金はしっかり取られるという不利な立場の人たちがいることを薄々知りながら、知らないふりをしている自分がいる。「なんとなくだけど、そうじゃないの」と常に流れ込んでくる「常識」に便乗してしまう自分が、見ようとしなければ見えない事柄に対して、知らないふりを決め込む。「知っているふり」をするのは、新しく知ることを恐れているのか、それとも怠惰が勝っているからなのか。自分が批判されることをいかに遠ざけないでいられるか、と考えさせられる映画だった。



[PR]
by walk41 | 2018-01-20 23:26 | 映画・ドラマ | Comments(0)

自分を疑うことの大切さと難しさ

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」(2008年公開)を観た。

3時間を越える長編で、「赤軍派」や「革命左派」が1972年2月のあさま山荘事件に至るまでを描く。このテーマを映像化したスタッフと出演者の技量と努力に圧倒されたのもさることながら、具体を伴わない「社会を良くする」という教条的な思考が、困難な環境でいっそう先鋭化し、リンチ(内ゲバ)そして自己崩壊していくさまを見て、ショックを受け、また消耗した。

「銃による殲滅戦」を通じてこその「共産主義化」、しかも世界戦争を通じてという当事者の論理にも驚かされるが、その戦士に値するかどうかの基準が一握りの「指導者」によって決まり、そこから外れると「自己批判」と「総括」を求められ、最後には死に至るという構図は、こうした事例に限らない、どこにでも起こりうると学ばなければならない、と思わされた。

分類を試みれば、たとえば、
①一つの可能性に過ぎない命題が金科玉条となり、これを疑うことが許されない状況がある(「学力向上」「いじめ撲滅」「常識として」…)。さらには、命題そのものがよく理解できないにもかかわらず、問いかけること自体が反対の立場ゆえと扱われ、保身から沈黙が支配する。(「主体的、対話的な深い学び」ってどういうこと?)。

②この命題をもっとも理解すると奉られる/主張する人物が登場し、それへの恭順さらには服従が直接・間接に求められる(政治家や官僚、「〇〇大学教授」…)。

③情報、身体、感情が統制・制御され、実は方向づけられ、強いられているにも関わらず、自らが判断したかのように錯覚する。(「恐れ多くも…」「~に示されているように」。なお、これを主体的な行為として語ると、「自ら進んで~させる」という表現になる)。

④文書主義が軽視され、官僚制が機能しない権限と責任が不明確なままに、ある意志が貫徹するようになる。(「首相官邸の意向で」…)。

程度の差はあれども、権威への積極的/消極的な服従、自発的な情報の遮断、出所不明な「声」による事態の進行など、どこにでもありうるとは、果たして言い過ぎだろうか。

[PR]
by walk41 | 2017-12-18 16:03 | 映画・ドラマ | Comments(0)

Platoon

1986年アメリカ、「7月4日に生まれて」と同じ、オリバー・ストーン監督による作品。

1960年代後半、カンボジアとの国境に近いベトナムに派兵された若い男たちが、動機はともかくも、戦闘に参加することになった。そこで繰り広げられるのは、「敵」との戦いだけではない。小隊(プラツーン)の中でもいざこざは絶えず、それは民間人射殺をめぐってピークに達し、アメリカ軍同士でありながら、殺す-殺される関係にまで至る。武器を与えられると人はより凶暴になり、入隊以前の面影を感じることも難しくなるようだ。

最終場面では、激しい戦闘のあと、負傷した主人公クリスは、敵対していた同じ部隊の先輩兵を撃ち殺し、ヘリコプターで後方に送られるところで映画は終わる。何のための戦いの犠牲なのか、戦争を通して浮き上がってくる人間の醜さとはここまで酷いものか。あるいは、社会的に低位な人ほど、戦争に直接に参加しているという台詞をどう聴くか。戦闘シーンの激しさと同時に、容赦ない殺戮(相手を殺すことに躊躇しない)の模様に打ちのめされてなお、感じ、考えさせられる。

こんな作品を見るに、ドイツのクラウゼヴィッツが『戦争論』(1832年)において、「戦争は政治(外交)の延長である」と述べたとされるけれど、20世紀の戦争については、当てはまらない。少なくとも、政治(外交)のように、それなりの見通しや落としどころ(講和)を伴っておらず、非理性的な恨みつらみ、怨念、執念、意地、プライドといったものが支配的だと知ることができる。

第二次世界大戦にて、アメリカ兵の発砲率があまりに低く、それを改めるために、射撃訓練のスタイルが変えられたとも聞く。人間が人間を殺すということが、本能的に難しそうだという見立てのもと、どのような戦争ならばありうるのかを考えるべき、とも思う。

[PR]
by walk41 | 2017-08-16 23:25 | 映画・ドラマ | Comments(0)

7月4日に生まれて

ロン・コヴィック氏の実話に基づく作品、トム・クルーズが主演した、1989年のアメリカ映画である。

「正義のための戦争」などないこと、戦争は戦闘から離れれば終わるものではおよそなく、本人と家族ほか周りの人々の生涯に及ぶ影響を与えることを、改めて伝える作品と観た。

観終わってから家人と話したのだが、太平洋戦争末期の日本軍が取った、一連の特別攻撃(特攻)という作戦、すなわち、神風、回天、震洋、桜花といった、飛行機、魚雷、ボートなどによる体当たり作戦は、帰還をつもりする必要がない点で、「きれいな戦争」に一役買うことになっていたねと。なぜって、負傷した兵士を救出し、治療して、できれば故郷に帰すという手間を省くことができたからだ。

帰還してPTSDによる社会問題も起きず、障害者手当を支給する必要もない(遺族年金は払わなければならないけれど)。さらには、反戦論者になる懸念も要らない。もちろん、家族や友人、知人の悲しみは避けられないけれど、生前の美しい姿が脳裏に残されるのに留まる面もある。四肢を失い、アルコールやドラッグに溺れる様子を多くの人に見せるより、戦争遂行者にとって好都合だったとは、言い過ぎだろうか。

とまれ、いま、アメリカと北朝鮮との緊迫した様子が伝えられているけれど、どんな方法であっても、武力行使がなされないことを願うばかりである。

[PR]
by walk41 | 2017-08-14 22:54 | 映画・ドラマ | Comments(0)

Robin Williams氏を悼む

俳優のRobin Williams氏が亡くなったと報じられた。とても残念に思う。

彼の出演した映画を何本か見たが、中でも、「いまを生きる (Dead Poets Society)」(1989)、「パッチ・アダムス (Patch Adams)(1998)、は印象に深い。

前者はエリート男子校の教員に赴任した彼が、後輩でもある生徒たちに、学校批判を通じて世の中に目を向けさせる物語であり、後者は、実在の人物もいるが、精神的疾患に罹った自身が笑いを通じて人が癒やされる素晴らしさに気づき、笑いを取り入れた医学を志す物語である。いずれも、常識に囚われない革新的な人間を演じており、大きな勇気をもらったことを覚えている。

その彼が病んでいたとも報じられているが、自身で命を絶ってしまったことが残念で仕方がない。長い人生には、健康なときもそうでない時もあるけれど、映画を通じて届けてくれたメッセージのように生きてほしかったとも思う。

彼に励まされた一人として黙祷を捧げる。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
[PR]
by walk41 | 2014-08-14 13:17 | 映画・ドラマ | Comments(0)

ドキュメンタリーって難しい?

「世界の果ての通学路」を観た。地面を掘って汲みとった水の入ったポリバケツを持ち、象を避けて学校に向かうケニアのきょうだい、山道を歩き、トラックをヒッチハイクして向かうモロッコの女の子たち、馬に乗り、学校を目指すきょうだい、そして下半身不随のきょうだいの乗る車いすを押しながら引きながら進む男の子たち、と日本ではおよそ考えられない「通学路」(といってよいのかどうかすらわからないが)、を辿る作品だった。

この映像がどのように撮影されたのか知るよしがないが、象に追いかけられ、転びながらも走り続けるきょうだいのシーン、道中、大型車がタイヤ交換のために道を塞いでいたところおじさんたちが車いすを運ぶシーンなど、確かにこんなこともあるのだろうなと得心はさせられるけれど、「自然に」撮ることができたのだろうか、と少し疑問にも思う。

実際に、車が道を塞いでいたとして、男たちが車いすを運ぶ段になった時、撮影スタッフはどのようにカメラを彼らに向けたのだろうか。もし、「こちら側を歩いて」とか「こんな感じで運んで」などと指示や依頼していたならば、すでに問題だろうが、そこまでには至らずとも、カメラ目線へと意識させるような振る舞い、雰囲気はなかったのだろうか。

「おおよそこのくらい」であることに疑問はないけれど、「本当の姿」をつかまえることの難しさはことほどさようだと思う。だから、人間と人間が作り出す社会を厳密に捉えることはできず、極めることができないという前提に立って、どんな眼差し、論理、そして行為を問うかが議論されるべきなのだろう。

こんなにも過酷な中、学校に通い、夢を実現させたいと励む子どもたちに幸い多きことを願うと同時に、事実の切り取り方、つかまえ方について、いっそう考えるべきことと思わされた。
[PR]
by walk41 | 2014-04-24 08:57 | 映画・ドラマ | Comments(0)

考え続けることこそ

「ハンナ・アーレント」(2012)を観た。

のちに「アイヒマン実験」(ミルグラム実験:閉鎖的な環境では、人はいとも簡単に権威者の命令に従ってしまうことを証明)とも称される、ナチスのアイヒマンに対するイスラエルでの裁判を傍聴したアーレント。アイヒマンは怪物にあらず、彼は職務に忠実に従っただけであり、その「凡庸な悪」と「根源的な悪」とは違うと主張した。その結果、彼女自身ユダヤ人であり、強制収容所の経験を持つにもかかわらず、脅迫を含む凄まじい抗議を受けることになる。

その彼女が大学の教壇で語る。「ソクラテスやプラトン以来、私たちは”思考”をこう考えました。自分自身との静かな対話だと。人間であることを放棄したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。それは思考する能力です。… ”思考の嵐”がもたらすのは知識ではありません。善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。…」

彼女の主張には賛否あるだろうが、考えるとは、突きつけられる課題に向き合うこと、そして悩むことで、人間としての質、つまり尊厳を保ちうること-このことには、いずれも同意できるのではないだろうか。人間としての能力は、何かができるという点で測られるのではない、何かを考えること、そして考え続けることに見出されるのだ、と。


[PR]
by walk41 | 2013-12-11 19:22 | 映画・ドラマ | Comments(0)

タイピスト

しばらく足が遠のいていたけれど、映画館に出かけた。観たのは、1959年のタイプ早打ち世界大会で優勝する、田舎から出てきたヒロインの物語、「タイピスト」(フランス、2012)。

当時の多くの女性が憧れたのが秘書、なかでも人気を博したのが、早く打つことのできるタイピストだったという。1分間に500文字ほど(1秒間に8文字あまり!)が当時の世界最高水準だったとのことで、早く正確に打つ技術を身につけるべく、日々練習を重ねる彼女とそれを応援する彼とのロマンスも交じり、コミカルで後味のまずまず爽やかなエンディングだった。

ストーリーとは別に、当時をよく再現しているだろう様にも驚いた。町並みを映し出したシーンがあるが、その頃のお店、クルマ、人々の服装や振る舞い、こんな感じやったんやろうなあと思わせてくれる。主人公に並ぶ俳優がウルトラ・スモーカーで、いつでもどこでもタバコに火を付けている。当時はこれが当たり前だったのだろう。タイプ競技の会場ですら喫煙者であふれかえり、競技の観客の声援と怒号もあって、まさに混沌とした雰囲気だったことが伝わる。

それにしても、今やほぼなくなっただろうタイピストという仕事、競技大会もいつまであったのだろうか。ひるがえって昨今は、パソコンとスマホで寝る暇も惜しんで、電子の絵と文字、数字を打ち続けている。当時の人々が現在の街を歩き電車に乗れば、ほとんどの人がタイピストになってしまった、とでも思うだろうか。

学校教育の世界ではキャリア教育が重要とも叫ばれているが、そこで獲得すべきは「基盤能力」や「汎用的能力」と言われようとも、時代ならではの彩り、偏りは否めない。タイピスト全盛の頃、いま言うコミュニケーション能力は二の次、三の次だっただろう。そもそも、今日のように多くの人々と出会うことを前提にしたような能力が、当時は求められていたのかしらん。

半世紀で世の中がすっかり変わってしまうこともあると想像すれば、これから平均寿命がいっそう延びるだろう社会に生きる人々にとってのキャリアとは、どのようなものになるのだろうか。教育が未来への準備や投資だとすれば、その特徴はまだ見えないものに、予想が外れるかもしれないことに「賭ける」ことだ。

そんなものをいかに計画-実施-評価するのか、という突っ込みは繰り返しするところだけれど、これと同時に、「計画を立ててその目標実現に向けて頑張る、という発想そのものが20世紀の近代社会ならではのものだった」と回顧される日も来るかもしれない、と考えるのもまた一興ではないだろうか。
[PR]
by walk41 | 2013-08-18 11:09 | 映画・ドラマ | Comments(0)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
懐かしいご連絡をありがと..
by walk41 at 17:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧