学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

カテゴリ:ドイツのこと( 505 )

酔っ払いの運転士 betrunkener Lokfühler

b0250023_21142265.jpeg
Stuttgarter Zeitun 20190110

日本からは、飛行機の機長やスチュワーデスが酒気帯びと聞くが、こちらでも驚くべきニュースが流れてきた。ドイツ東部で、ドイツ版新幹線ICEの運転士が、停車すべき駅を通過、警察によるアルコール検査の結果、血中アルコール濃度が正確には2.49プロミル、約0.25%であることが判明した。

ドイツでは、血中アルコール濃度が1.1プロミル以上(Blutalkoholkonzentration von 1,1 Promille und mehr)の状態でクルマを運転をすると交通違反になる。これは、体重にもよるが、500mlのビールを2杯少し飲んだくらいで摂取するアルコール量だ。

よって、2.5プロミルになるとは、ビールを5杯近く飲んだことになる。ワインならば、720mlの瓶を1本半ほど空けたことと同じだろう。これだけ呑んで新幹線を運転するとは(ローカル鉄道でも同じだが)、何と恐ろしいことかと思う。ドイツ鉄道はすでに、頻発する遅延や間引き運転で世論の反感を大いに買っているが、これに加えて飲酒、しかも泥酔に近いまでの酔っ払い運転とは。まさにびっくりドイツである。





by walk41 | 2019-01-10 21:41 | ドイツのこと | Comments(0)

学生の教職志望 Wunsch von Studentinnen Lehrerinnen zu werden

大学で同僚と話す。同じ教育大学に務める身として、学生の教職志望をどう見るかという点についてだ。

私からはこんな話をした。日本の教員養成制度の特徴であるいわゆる開放制が影響して、教職資格を得るための条件、具体的には単位数が少ない(日本では一種免許状の場合、最低51[幼稚園〕、小学校以上で59単位に対して、ドイツでは州によるものの、初等学校教員養成の場合、例えば学士課程で180、修士課程で120、合計300単位(Leistungspunkt)である)。

このため、特に「一般大学」で多く行われている中等学校教員の養成については、専攻分野への付け足しとして教職課程が履修されることが多く、教職志望も低い場合がある。たとえ、教育大学に来ている学生でも、必ずしも教職を志望していない場合があり、大学としては悩ましいことだ、と。

いま南ドイツにいて、今まで見えていなかった、当たり前のことに気づかされる。言語教育または算数・数学教育に関する履修が51、教科・領域に関する領域選択必修が51、教育学が30、心理学が18、卒論・修論が合わせて21、学校実習が30(学士段階で15週間)といった、量的に圧倒的なドイツの教員養成制度であるから、学生も教職を専攻すること(他の分野でもおそらく)に覚悟を要するのだろうと。いわば「退路」を絶つことで自身を方向づけるのではないか、ということである。

これに対して、日本は、戦前の師範学校批判が苛烈であり、その結果、「良い教員とは教員らしくないこと」さらには、「熱心に教員養成に臨まないことが良い教員養成につながる」といった、矛盾する信念も生み出してきた。さらに私立大学を含む教員養成を行う(有資格者を多数輩出できる仕組み)ためには、必要単位数を大きく引き上げることが政治的に難しかったのだろう。とりわけ中等学校教員の養成については「付け足し」(教員にもなれる)の域を出ない条件設定に留まってきたと思う。

もっとも同僚は、日本とドイツ(とはいえ、バーデン−ヴュルテンベルク州に即してだが)の仕組みの大きな違いに驚く一方で、あわせて私が話した学生の様子、たとえば、学校実習に遅刻する、不十分な準備のままで授業に臨もうとする、といった怠学傾向については、ここでも同様のことが見られると話し、二人してうなづいたことだ。この点はひょっとして共通するのかもしれない。



by walk41 | 2019-01-10 17:46 | ドイツのこと | Comments(0)

大学教員の悩みは同じ Similarität der Pein beim Dozent

ドイツの大学の冬学期の授業も終わりに近づいてくると、作業課題が出され、学生はこれに臨むことになる。

ある講義で、先に出されたミニレポートへの講評が行われていたが、その提出に関しては、次のような留意事項が挙げられていた。

⚪︎提出期限は12月20日、紙媒体で提出のこと、メール送付は認めない。
⚪︎遅れた提出については、考慮されない。
⚪︎12月5日までの講義に、最低5回は参加していること。
⚪︎講評は一般化して行い、個々に対しては行わない。
⚪︎明瞭に記述されているほど、教員がいっそう読み取りまた理解できる。

熱心な学生は少なくないが、そうでない場合もあるのだろう。評価の明瞭さを巡って、学生と教員の間での「攻防」を見る思いがした。

Genauso wie in Japan, ergibt Konflikt zwischen Studentinnen und Dozent auch in Deutschland. Sie kann man in der Anzeige um kleinen Arbeitsauftrag in der Vorlesung finden.






by walk41 | 2019-01-10 02:43 | ドイツのこと | Comments(0)

主張しなければいけない man muss unbedingt sich behaupten

いま南ドイツにいるからと言って、「ドイツでは‥」と代表して言えるわけではないけれど、日本では経験したことのない、新鮮なワンシーンだった。

というのは、2人分の席が横並びに置かれているバスにて、窓側に女性が座り、通路側の席に自分のリュックサックを置いていた。そこに、次のバス停から乗り込んで来た壮年の女性は、そのリュックサックを持ち上げて彼女の方に置くと、空いた席にごく自然に座ったのだった。その真後ろの席も空いていたが、隣が男性だったので、ひょっとすると避けたのかもしれない。

乗客が空席に座ることは権利であり、どこに座るかも自分で決めることができる。荷物のための席ではないのだから、座りたければ荷物をどけてもらえばいい、という発想を見る思いがした。「自分のことを思って荷物を動かしてくれないかな」とか「こうして自分が立っているのに、荷物を座席に置いたままなんて、なんて厚かましい」などと思わずに、そこに座りたければ座る、という主張を行動に移すたくましさを感じたことである。

by walk41 | 2019-01-09 05:56 | ドイツのこと | Comments(0)

セクシャルなスリ Sex-Trickdiebstahl

b0250023_20423160.jpeg
Stuttgarter Zeitung 20190107、記事から。

州都Stuttgartの性的歓楽街(Rotlichtviertel)の近くで、連続して起こったスリ事件。42歳の東ヨーロッパから来た女は、通りかかった61歳の男性に性的誘いをかけるも、断られると、今度は彼にいきなり抱きつき、男性のポケットから数百ユーロを盗んだ。

住所を持たないこの女は、近くで同様のことを繰り返しており、共犯者を伴うこともある。25歳の女とともに67歳の男性に抱きつき、現金を盗んだほか、男の共犯者とは、嫉妬劇を演じるありさまである。つまり、女が男性に抱きつき、それを嫉妬した男と口論をしているうちに、71歳の犠牲者は高価な腕時計を取られてしまったのであった。

日本でもこんな感じのスリってあるのかしら。


by walk41 | 2019-01-07 20:55 | ドイツのこと | Comments(0)

次はカーニバル dann Fasching

b0250023_00062071.jpeg


クリスマスが終わり、新年が始まったと思ったら、こんなコーナーがスーパーマーケットに現れました。2月中旬に行われる謝肉祭カーニバルの雰囲気です。Fasching というドイツ語に加えて、南ドイツではFasnacht, Fasnet とも言います。ちょっと商魂たくましいという感じでしょうか。

by walk41 | 2019-01-07 00:12 | ドイツのこと | Comments(0)

ドイツでも振り込め詐欺 Abzocken

b0250023_06041426.jpeg

以前の拙ブログでも触れましたが、写真は銀行に貼られている警察のポスター、「振り込み詐欺に注意!」です。

高齢者を狙った電話が掛かります。それはニセ警官だったり、孫を装ったり、宝くじに当たったという3つがよくある手口で、いずれもお金を請求します。怪しいと思ったら、すぐ警察に電話をと呼びかけています。

実に困ったことですが、どこでも似たようなことを考える輩がいるのですね。

by walk41 | 2019-01-06 06:14 | ドイツのこと | Comments(0)

雪が降っています Es schneit

b0250023_21465620.jpeg

雪が降っています。これまでと違って解ける暇なく積もり始めました。牽引をしてもらうクルマも出てきています。ホワイトクリスマスからは2週間遅くなったけれど、ここでも雪の風景が見られるようになりました。

b0250023_23040911.jpeg

by walk41 | 2019-01-05 22:43 | ドイツのこと | Comments(0)

少なくないかしら Ist das nicht wenig?

b0250023_05042062.jpeg

開けたばかりの食器洗浄機用の洗剤の箱です。箱の3分の1くらいは空洞ですが、どんな意味があるのでしょうか。中身をより多く思わせる商法と見えるのだけれど。

Das Foto zeigt eine Packung, die gerade geöffnet ist. Wie finden ca. ein drittel ist leer und es gibt wahrscheinlich keine Bedeutung außerhalb ein Verkauf, der die Produkt mehr als Realität zeigt.

by walk41 | 2019-01-05 05:11 | ドイツのこと | Comments(0)

多様な性 diverses Geschlecht

b0250023_23432888.jpeg

地元紙に載った、市の老人介護施設の職員募集です。そこに示されている、m/w/d とは何でしょうか。mはmännlich男性、wはweiblich女性、そしてdはdiverse多様な、という意味、つまり、従来の男か女のどちらかという枠組みではなく、勢い少数者になりがちな、それ以外の多様な性自認をも認めていることの現れとして、最近増えてきた表記です。

ドイツ語話者の間でも、この「d」について、deutsch(ドイツ人)の略記かという質問もあるようですが、もしそうならば、ベクトルは反対、他の国籍の人を排除しかねない点で時代に逆行する表記ですね。




by walk41 | 2019-01-05 00:10 | ドイツのこと | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Gemeinschaft 再..
at 2019-02-17 12:12
知らなけれど分かる wis..
at 2019-02-16 23:16
「構ってほしい」kümmer..
at 2019-02-15 19:56
「どっちでもいい」 „mi..
at 2019-02-15 06:14
優れもののビン回収装置
at 2019-02-13 20:57
男女だけではない nich..
at 2019-02-11 07:17
レッテル letter
at 2019-02-10 09:33
衛生観念 Reizwell..
at 2019-02-10 04:59
ベルリンでの強制結婚 Zw..
at 2019-02-08 16:19
生徒たちによるデモンストレー..
at 2019-02-07 22:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧