学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

カテゴリ:ねこのこと( 100 )

ねこが行方不明 vermisst Katze

b0250023_04414910.jpeg

街角の張り紙です。可愛がっていたねこを探すものでしょう。日本でもドイツでもポーランドでも、飼い主の気持ちは同じですね。

Wenn auch der Ort anders, wie Japan, Deutschland oder Polen, ist das Gefühl der Katzenesitzer, der seine Katze sucht, gleich.

[PR]
by walk41 | 2018-09-26 04:45 | ねこのこと | Comments(0)

見つかればいいね hoffentlich klappt es

b0250023_13464616.jpeg
街で見かけた貼り紙、いなくなったネコのことを尋ねています。見つかればいいね。

Das Foto zeigt ein Plakat in der Stadt, das um vermisste Katze fragt. Wenn es klappt, wird es sicher schön.

[PR]
by walk41 | 2018-07-30 13:50 | ねこのこと | Comments(0)

人を怖がらないねこ die Katze, die gegen Mensch keine Angst hat

b0250023_05013283.jpeg

先日とは別のネコを見かけたので、近寄っていったら、ネコも勢いよくこちらに向かってやってきました。ちょっとびっくり。人間に嫌な思いをしていないんだろうね。

Als ich andere Katze als die vor Kurzen gesehen und nah zugekommen war, war die Katze auch zu mir gehetzt gekommen. Etwas überrascht. Wahrscheinlich hat sie kaume negative Erfahrung mit Menschen gehabt.

[PR]
by walk41 | 2018-07-30 05:19 | ねこのこと | Comments(0)

南ドイツのねこ eine Katze im Süddeutschland

b0250023_05570645.jpeg

くつろいでいたネコを、ひとしきりさわらせてもらう。お礼にレープクーヘンLebkuchenを置いたけれど、なんやこれ、って顔をされた。

Ich habe eine gelassene Katze auf einer Weile berührt. Als Dank habe ich zwar ein Stück Lebkuchen(Magenbrot) an ihrer Seite gelegt, aber sie hat kein Interesse dafür gehabt, mit dem Gesicht „was ist das denn?“

[PR]
by walk41 | 2018-07-28 06:04 | ねこのこと | Comments(0)

「セラピー猫」

 保健所などで殺処分される猫をどう減らすかが課題となる中、民間団体が保護した野良猫や捨て猫を「セラピー猫」として、福祉施設に貸し出したり、猫カフェで安らぎを提供したりする動きが広がっている。「癒やし効果」を知ってもらうことで引き取り手を増やし、殺処分を少しでも減らす狙いもある。(読売新聞、20160106)

同記事では、鹿児島や福岡での取り組みが紹介されていたが、ぜひ各地で進むことを願う。医学的にセラピーになるかどうかはともかくも、多くの人が喜び、猫にも安住の場が与えられることは、大きな幸いだから。
[PR]
by walk41 | 2016-01-08 10:47 | ねこのこと | Comments(0)

時代は変わり

ねこフリークのみなさま、こんにちは。

写真は、日本経済新聞(2015.3.24)の記事、「大学にネコの輪」と題して、キャンパスで学生や地域住民が、ネコを管理、世話をする場が広がっていると紹介。

前にいた大学で、野良猫を獣医さんに連れて行き、避妊、去勢手術をしてまた放すということをしたことがあります。同日、キャンパスで人馴れしたネコをつかまえて、カンパを募るというものでした。ネコ関係ボランティアの協力をいただき、廉価で手術をして下さる獣医さんも見つけました。「ねこ先生」とも呼ばれていたのですよ。出会った仔たちの何匹かは、拙宅の仔になりました。

学校でネコを飼いたいと以前言っていましたが、気持ちは今も変わりません。人間だけで健康的に暮らせるとは、必ずしも思わないから。こんな活動が一層広がってほしいと思います。

b0250023_15181403.jpg

[PR]
by walk41 | 2015-04-21 15:18 | ねこのこと | Comments(0)

美しい光景

ねこフリークの皆さま、こんにちは。

夜もかなり遅い時間、小道を歩いていたら、自転車に乗った女性が通りかかり、次の瞬間、少し遠めにいたネコに、グリちゃん(と聞こえたのですが)と声を掛けました。すると、ネコは自転車を追いかけて、少し随伴し、この女性が自転車を止めて降りると、ネコも止まりました。

女性はエサでも用意していたのでしょうか、暗くて見えませんでしたが、女性とネコが何か睦まじい、花冷えのする夜の空気の中で、とても不思議な雰囲気を醸していたのです。どんな経緯があったのか、知る術もありませんが、驚くような時間が二人の間で流れていたことを、たまらなく嬉しく思いました。

[PR]
by walk41 | 2015-03-24 23:28 | ねこのこと | Comments(0)

夢をもつ

ねこフリークのみなさま、実にお久しぶりです。

拙宅のねこは、いま4匹。きなこ(今年17歳)、あずき(同じく16歳)、もなか(同じく15歳)、Milky〔同じくおそらく11歳)と、いずれも高齢化してきました。

犬Maiにその昔かまれて、顎が不完全なきなこは、ドライフードを食べるのが大儀になってきたのか、この頃はもっぱら缶詰です。小さな缶とはいえ、一日に三つ四つと空けるとなると、小まめにやること、また缶詰を調達するのはちょっと大変ですが、どうにかやっています。

こんな折り、地元、京都市に動物愛護センターが今度できると知りました。http://kyoto-ani-love.com かつて、動物管理センターといえば、飼い主が不明の犬やねこが集められては、その多くがガス室にて殺処分されるところ、の代名詞でしたが、このセンターは「人と動物が共生できる,うるおいのある豊かな社会」を実現することを目指すと謳われています。ぜひこの方向であってほしいと、貧者の一灯の寄付をしました。

「こうなってほしい」という願いを現実のものとすべく、自分のできることに関わりたい。そんな夢を叶える末席に自分もひとつ位置を占めたいなと、改めて思わされています。
[PR]
by walk41 | 2015-02-04 20:06 | ねこのこと | Comments(0)

歯が取れました

ねこフリークのみなさん、こんにちは。梅雨模様が続きますが、いかがお過ごしですか。

けさ、ねこの歯が転がっているのを発見、誰のや、とねこの口を順番に開けて見ていくと、きなこの右上の牙だとわかりました。取れちゃったのね。

この仔はこの夏で16歳、人間に換算する80歳近くでしょうか。元気に過ごしていますが、歯周病のためでしょうね、歯そのものはどうもないようですが、抜けてしまいました。

これからは、楽しみのためだけでなく、栄養をちゃんと摂れるように、缶詰ほか柔らかい餌もやっていかなければいけないと思います。知らないうちに少しずつ、物事が移り変わっているなあと改めて思わされたことです。

b0250023_1158221.jpg

[PR]
by walk41 | 2014-06-22 11:57 | ねこのこと | Comments(0)

ちょっと心配です

ねこフリークのみなさま、お元気ですか。

京都はきょう36℃に達し、春という季節がきわめて短い地であることを、改めて感じました。

さて、久しぶりにあずきが登場、ことし15歳になります。暑いせいか、いくぶん参っていますが、それよりも心配なのは、肉球の異常な腫れぐあいです。インターネットで調べた限りでは、たまにこうした症状を見せる仔がいるそうですが、原因は不明とのこと、知らないうちに治っていることもあると、自分に都合の良い情報だけを受け取り、今なお獣医さんに連れていかずの様子見が続いています。

やっかいなのは、この腫れが後ろ肢片方を除く、3カ所で起こっており、きっと痒いのでしょう、自分で患部を引っ掻いてしまうため出血がしょっちゅうです。床に階段に、ソファにクッションに、と血痕が見えると、またあずきやなあと、拭いて回ることに。いまやルミノール反応だらけの家と化しています。

変わらず食欲もありますし、元気そうではあるのですが、当ねこには鬱陶しいことだろうなと思います。何も変わりなくて当たり前とも思いがちですが、ちょっとこんなことが起こると、変わりないことが幸せなことに気づかされます。もちろん、変わることの楽しみも大きく、まさに矛盾しているのですが。

急に暑くなったところが多いようです。皆さんと周りのねこたち、くれぐれも自愛してくださいね。

b0250023_21481716.jpg

[PR]
by walk41 | 2014-06-01 21:52 | ねこのこと | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
サービス砂漠 Servic..
at 2018-10-17 23:29
いろんな子どもが一緒に学んで..
at 2018-10-17 18:52
水晶の夜 Reichspo..
at 2018-10-16 21:58
いっそう多様な社会へ im..
at 2018-10-16 03:49
もう言わずもがな nich..
at 2018-10-15 04:28
西洋トチノキ Rosska..
at 2018-10-15 00:14
これでいいのか Ist d..
at 2018-10-14 00:34
教員のサバティカル Sab..
at 2018-10-13 21:10
教員へのアンケート Fra..
at 2018-10-12 14:43
印象操作 Vorstell..
at 2018-10-10 21:04
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧