学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und Schulmitglieder

カテゴリ:ことばのこと( 522 )

言葉の堪能さ Sprechflüssigkeit

外国で暮らす人たちの中に、日本語が母語で、現地の観光ガイドを趣味か生業にする人がいる。慣れない土地を日本語で案内してもらえるとあれば、日本からの旅行客はさぞかし助かるし、それが良かったとあればなお嬉しいことだろう。

けれど、日本に帰ってからそのガイドに宛てた一文の中に「堪能な現地の言葉で案内をいただき」という類があり、それを当のガイドが「お客様の声」として紹介するに至っては、まったくいただけないなと思う。

なぜか。言うまでもなく、旅行客は現地の言葉に馴染んでいない。だから、ガイドを頼んでいるのである。その人が、ガイドを指して、現地の言葉が堪能かどうかをどのように判断できるというのだろうか。たとえば、現地語について片言すらままならない人が、ガイドの「お勘定、お願いします」を聞いて、「すごい、流暢な言葉だ」と感嘆するが如くな様子を「現地の言葉に堪能」と評するのは不適切だからだ。

人にもよるが、それなりの期間を過ごしていれば、日常会話はある程度まで駆使できるようになる。だから、政治、経済、宗教はたまた教育といった話をする機会のまずない観光案内では、困ることも少ないだろう。「堪能」とはあくまでもその範疇のことである。

なのに、それを一般化して、その語一般に堪能、精通しているかのように思われる、取られる表現は問題だし、くわえて、その表現から「引き算」をしないで、そのまま自分のページに掲載するさまを、およそ上品ではないなとすこぶる残念に思う。

Einige Japanerinnen, die im Auslsnd wohnen und sich als Reiseführer beschäftigen. Das is eigentlich positiv, ein Japaner, die dort fremd sind, damit bessere Erlebnisse im Ausland haben kann.

Aber wenn dieser Japaner im Dankbrief „hilfreich mit Ihrer flüssiger Sprache“ am Reiseführer schreibt, dann stellt er diese Meinung vor, als Kunde Stimme, dies finde ich schlecht.

Für viele Reisende, die dort erstmals oder so besucht haben, ist es total übrig sich überraschen und findet ihn fließend, wenn man etwas sprechen kann, trotz es einfacher Satzt wäre.

Leider haben sie kein Merkmal, ob der Reiseführer die Sprache hervorragend beherrscht. Allerdings stellt der Reiseführer diese Kunde Meinung direkt auf eigener Seite im Internet vor, als ob er echt fließend in der Sprache dort wäre. Der Reiseführer hat kaume Gelegenheit im Bereich von Philosophie, Wirtschaft oder Erziehung vor Ort zu besprechen. Das gehört nicht zu Sprechflüssigkeit. Deswegen steht ein großer Unterschied um ein Bild zwischen Reisenden und Reiseführer. Trotzdem zeigt der Reiseführer diese missverständnisse Meinung in seiner HP. Dieses Verhalten finde ich sehr schade, unhöflich und idiotisch.

[PR]
by walk41 | 2018-09-08 11:47 | ことばのこと | Comments(0)

北海道 Hokkaido

b0250023_00304787.jpeg

朝市で売られているのは、赤いかぼちゃ、なぜか名前は、Hokkaido Kürbis です。ドイツ語版wikipedia によると、16世紀にポルトガルから日本に入ってきたかぼちゃが、のちに北海道からの種ほかとかけあわされ、1933年に出来上がったものがこの北海道かぼちゃとのこと。

そして今日、かぼちゃという言葉がなくても通じるHokkaidoになりました。そういえば、ア○トバイエルンというソーセージが日本で売られていますが、直訳すれば「いにしえのバイエルン」であって、ソーセージとは直結しません。地名がある食べ物を意味するようになるということ。こういう面でも言葉が生まれるのだと、とても面白く感じます。

Im Wochenmarkt ist Hokkaido Kürbis wie Foto verkauft. Nach der Wikipedia wurden Kürbis von den Portugiesen nach Japan gebracht und in Laufe der Zeit waren einige Sorten gezüchtet, dann schließlich im 1933 war Hokkaido Kürbis entwickelt.

Jetzt gilt Hokkaido als Kürbis, trotz das Ortsname bedeutet. Genauso wie verkauft ein Wurst namens „alt Bayern“. Selbstverständlich bedeutet das eigentlich keine Wurst. Aber viele Japaner stellen Wurst mit dem Wort Bayern. Ich finde dies ist hochinteressant um Wort Entstehen.

[PR]
by walk41 | 2018-08-25 09:07 | ことばのこと | Comments(0)

言葉とは大らかにも付き合おう Behalten wir auch großzügiges Verhalten gegen Sprache

b0250023_11244477.jpeg

八の字パンとして有名なブレッツェル、ここでは、Breze と表記されています。高地ドイツ語ではBrezel、スイス方面ではBretzel、微妙に違いますね。「BrezelとBreze、どちらが正しいですか」と、あるパン屋さんで尋ねたら、「egal(どっちでもいい)」と返ってきました。

Brezel, Bretzel und Breze. Am einem Bäckerei, habe ich die Mitarbeiter gefragt,welche Aussprechen richtig ist. Die Antwort war „egal“.

[PR]
by walk41 | 2018-08-23 11:35 | ことばのこと | Comments(0)

方言こそ、その人らしさ Dialect, die den Mensch selbst äußert

b0250023_22582118.jpeg

オーストリア産の白ワイン、ラベルに「こんにちは」と記してあります。“guten Tag“とは異なる、南ドイツやオーストリアで使われるドイツ語、つまり方言ですが、この言い方が馴染んでいる人にとって、高地ドイツ語(Hochdeutsch)は「正しい」かもしれないけれど、自身を語る言葉としてはちょっと違う、こんな感じでしょうか。

Eine Weißweinflasche aus Österreich lautet servus drauf. Wahrscheinlich ist „guten Tag“ für die Bewohner hier zwar „richtig“, aber fühlt sich fremd. Weil mit Hochdeutsch findet man hier es schwierig, selbst auszudrücken.

[PR]
by walk41 | 2018-08-22 23:06 | ことばのこと | Comments(0)

オーストリアドイツ語 österreichisches Deutsch

b0250023_06073632.jpeg

ドイツ語はドイツとその近隣、オーストリア、スイス、イタリアでも遣われていることをご存知かもしれませんが、ドイツではあんまり見かけないドイツ語があることも事実です。これは、各地域のドイツ語というべきか、ドイツ語の方言というべきか、という話ですが、とまれ面白く思います。

写真にあるKassaは、オーストリアでの表現、ドイツ国内ならばKasse 、レジのことです。一つの言語では一つの「正しい表現」があるはずという立場には気の毒なことですが、そんなことは決してありません。同じく、たとえば八の字パン、Brezelは、同じくドイツ語圏であるスイス、あるいは南ドイツの一部ではBretzel が一般です。

学校的には「正しい」が重要かもしれませんが、実生活上は幅あるものと考えられる方が、経済的また精神衛生的にエコでしょう。ことばの逞しさの前に謙虚であること、ごく限られた空間的、時間的な例をもって即、一般化しない姿勢や能力が求められるゆえんです。

In der Schule, ist es zwar wichtig, was „richtig“ ist, aber im alltäglichen Leben wäre es ekologisch, man sieht Sprache mit Flexibilität, wie Kasse und Kassa, oder Brezel und Bretzel. Dafür erstens soll man vor der Stärke der Sprache bescheiden. D.h. die Fähigkeit soll man erhalten, die man die begrenzten räumlichen und zeitlichen Erfahren nicht allgemein betrachtet.



[PR]
by walk41 | 2018-08-22 06:35 | ことばのこと | Comments(0)

そんなわけない Es ist unmöglich

日本人は飛行機の中で、より靴を脱ぐ傾向にあるという調査結果から、日本人は家の中で靴を脱ぐ習慣があり、他方、狩猟民族だった欧米系の人は、靴を脱ぐことに抵抗が強いからかも、と書いている一文がある。https://www.excite.co.jp/News/travel/20180815/Tabizine_194711.html?_p=4

この手の文章は、二つの点で問題だ。その一つは、飛行機で靴を脱ぐかどうかという問いは、飛行機に乗らない人には尋ねられないことを忘れていること。もう一つは、たとえばヨーロッパは農業大国であり、また海や湖の沿岸には漁民もいるという当たり前のことを忘れて、おそらく何となく○○民族と口にしてしまうこと、である。

当たり前のことだが、飛行機に乗る理由は、趣味を除けば、仕事や観光、友人訪問などである。これらに関係のない人は飛行機に乗らない。また、乗る必要があるが、乗りたくない人も一部存在する。全体からこれらの人を除いて、一般を論じるのは不正確、不誠実である。私がお伝えしているように、季節柄もあるだろう、南西ドイツでは裸足で道路を歩く人がいること、手にサンダルを持って裸足で歩く人すら見ることを考えれば、逆の説明すら可能である。なぜ、日本人は夏場、裸足で街を歩かないの、って。

また、民族と国民は別物であるのに、筆者が理解していないのか、意図的に重ね合わせているのか、読者を混乱させる。たとえば、ドイツ国民には、いわゆるゲルマン系だけではなく、イタリア系、トルコ系、ロシア系の人々が相当数いる。少数だが、ベトナム、韓国、中国といったアジア系の人もいる。いずれもドイツ人である。

こんなインターネットの小話にいちいち噛みつかないで、と仰る方もおられるだろう。確かにそうかもしれない。けれど、何となくの理解が根深いイメージを醸成し、いわゆるステレオタイプ、決めつけを生むことで、広い視野を阻害するならば、大きな問題である。自分の世界を広げる(自由になる)、他者との共存を進めるという価値を掲げるならば、どこからともなく滑り込んでくる話に、アンテナを張りすぎることはない。

In dieser Seite im Internet, ist ein Ergebnis der Fragebogen vorgestellt. Das lautet Japaner möchten gern die Schuhe im Flug aus als andere Länder, und das kommt mit dem Hintergrund der gewohnheit von Japaner, der zu Hause unbedingt die Schuhe aus und der Geschichte von Europäer, der Jagterfahrung hat.

Ich finde den Text in zwei Punkten problematisch. Einerseits war die Frage nur an die Leute, den Flug nehmen, nicht jemanden, der ihn nicht nimmt. Von Anfang sind sie von der Untersuchung ausgenommen. Damit kann man keinerlei sagen, „Japaner hat eine Tendenz um.. aber..“. Andererseits dort sind Worte der Staatangehörigkeit und Volk gemischt. Selber hat ein Volk verschiedene Beschäftigung und Beruf, die nicht nur Jagt. Sie sind Bauer, Foscher usw.. Sogar sind Deutsche nicht nur deutsch, sondern auch italienisch, türkisch oder russisch.Noch zwar wenig gibt es vietnamesisch, koreanisch oder chinesisch. Alle sind Deutsche.

Vielleicht sagt jemand mir, beschimpfen Sie nicht ein kleines Erzählen. Dennoch bin ich dagegen. Durch kleines Erzählen steht ein ungewisses Verstehen und starke Vorstellung. Das funktioniert sehr für stereotypisches Vorurteil. Wenn wir die Wert von Freiheit von sich selber und Zusammenleben mit anderen befürworten, lohnt es sich gegen diese Unterhaltung zu bewachen.

[PR]
by walk41 | 2018-08-15 16:00 | ことばのこと | Comments(0)

ワカメ die Wakame

b0250023_04235550.jpeg

あるレストランのメニューです。焼いた赤海老とワカメ、トマトジャムとバゲットとあります。

驚いて英独辞典を見たら、英語でもワカメとありました。それにしても不思議です。なぜ、ワカメが女性名詞die となるのでしょうか。

Das Foto zeigt ein Gerichte beim Restaurant. Darauf steht Wakame, sicher Japanisch, bin ich überrascht und schlage die Englisch-Deutsch Wörterbuch nach. Dann steht das Wort auf Englisch schon. Apropos es ist sehr komisch, warum ist das Wort Wakame fenomen bestimmt?

[PR]
by walk41 | 2018-08-15 04:35 | ことばのこと | Comments(0)

挨拶 Grüß

いろいろな対人関係がありますが、顧客関係に限ってみると、ドイツでは明らかに客が店員に挨拶をします。日本では考えられないほどの頻度です。日本ならば、客が終始黙っていることは、それほど珍しいことではありませんものね。もちろん個人差はありますが。

ごく一般的なスーパーマーケットでも、こんにちは、ありがとう、さようなら、いい週末を、と、店員が言うよりも先に、お客が店員に声をかけるというシーンを当たり前に見ます。

これが歴史的に形成されてきたと考えるならば、買い手よりも売り手の方が強かったという経緯があったのでしょうか。いずれにせよ、いずれの側もあれこれと挨拶をするのが当たり前、という様子を私はとても好ましく感じます。

Unter den verschiedenen Beziehungen zwischen Menschen, wenn man Einkauf-Verkauf Beziehung betrachtet, ist es ganz klar, man grüßt deutlich mehr hier in Deuschland als er in Japan. Das ist viel, wie es in Japan unvorstellbar ist. Wenn man in Japan wäre, ist das keinerlei selten, Kunde spricht kein Wort, nicht wahr? Nichtdestotrotz gibt es natürlich den Unterschied zwischen Personen.

Im übrigen Supermarkt jühier grüßt Kunde früher als Mitarbeiter, wie „Hallo, Guten Tag, Danke schön, Tschüss, Ein schönes Wochenende“. Was ich gesehen habe, ist dies total normal.

Wenn diese Zusammenhang historisch gestaltet werden soll, bedeutet das früher Verkäufer gegen Käufer stärker war? Auf alle Fälle, ich finde sehr schön, beide Seiten grüßen einander.

[PR]
by walk41 | 2018-08-14 04:50 | ことばのこと | Comments(0)

これは何語? Welche Sprache ist das?

b0250023_13375217.jpeg

スーパーマーケットにて(ちなみに、こちらでも気持ちよく買い物ができます)。

海苔という言葉もここで遣われていますが、より注目すべきは、パン粉でしょう。16世紀以来のオランダとの交易を通じて入ってきたパンという言葉に、粉がくっついたパン粉が日本語として成立し、さらにここでは海老フライなど日本料理用の言葉として用いられているということ、興味深いと思われませんか。はたして、Pankoとは何語でしょうか。また、これをドイツ語圏で遣うことを指して「美しいドイツ語が昨今、乱れている」と嘆くべきでしょうか。

In einem Supermarkt(Dort auch kann man gemütlich einkaufen).

Im Foto sieht man zwar das Zeichen Nori, aber aufmerksamer muss es Panko sein. Ursprunglich durch den Verkehr mit Niederlande seit 16 Jh. kam das Wort Pan, d.h. Brot in Japan. Danach kombiniert mit Ko. d.h. Pullver, ist Panko als Japanisch entstanden. Und jetzt ist Panko hier beim japanischen Koch verwendet. Sagen Sie, welche Sprache ist Panko? Oder soll man sagen, „schönes Deutsch ist jetzt unordentlich,“, wenn man neues Wort, wie Panko benutzt?

[PR]
by walk41 | 2018-08-04 14:04 | ことばのこと | Comments(0)

「東アジアでは...」In Ostasien...

ドイツに限らないだろうけれど、その地に近くなるほど、たとえば「ドイツでは…」さらには「ヨーロッパでは…」といった言い方が、いかに意味を持たないかを実感できる。同様に、たとえばスペインの博物館で見たのは、ロシア語と日本語が一緒になったリーフレットだった。東アジアだから一緒にということだろうか。まあ、ヨーロッパから見れば、近い方なのかもしれない。

いかがだろう。ヨーロッパのどこかの大学で、「東アジアでは…」と講義がされていたら。ちょっと待ってと言いたくならないだろうか。なのに、日本ではまま、「ドイツでは…」「ヨーロッパでは…」、さらには、「欧米では…」。こんな表現をおかしいと思わないことが、もっとおかしいのだけれど。

Das ist nicht nur in Deutschland beschränkt, aber auch in anderen Ländern, wenn man näher davon kommt, fühlt man sich sicher wie die Äußerung, „in Deutschland...“ oder „in Europa...“ keine Bedeutung hat. Gleichfalls passt es auch hier noch. D.h. in einem Prospekt im Museum in Spanien, sind Russisch und Japanisch zusammengefasst. Na ja, aus der Europa Sicht sehen sie als Ost Asia wahrscheinlich ähnlich aus.

Was meinen Sie daran? Wenn irgendwo in der Hochschule in Europa, ein Dozent „In Ost Asia ist es...“ sagt, möchten Sie, „warten Sie mal bitte“ sagen nicht? Hingegen in nicht wenigen Hochschule in Japan sind ähnliche Erzählen normal, wie „in Deutschland..“, „in Europa...“ oder „in Europa und vereinigten Staaten „ aufgetaucht. Sogar komischer ist dass wir diesen Ausdruck komisch nicht finden werden.



[PR]
by walk41 | 2018-07-22 18:35 | ことばのこと | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員の服装 Kleidun..
at 2018-09-22 03:57
上履き innere Sch..
at 2018-09-22 03:49
これではいい教材とは言えない..
at 2018-09-22 03:44
挙手 Hand hoch ..
at 2018-09-20 21:05
時間切れ? wegen d..
at 2018-09-19 18:19
ビール Bier
at 2018-09-19 14:48
教員が足りない Lehre..
at 2018-09-19 01:33
女性の結婚年齢 Das A..
at 2018-09-18 19:38
故障 außer Betr..
at 2018-09-18 12:48
オクトーバーフェスト Okt..
at 2018-09-18 12:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧