学校・教職員の現在と近未来-榊原禎宏のブログ

<   2012年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

哀れ、板挟みの学校

千葉県茂原市の市立中学校で、クラス替え予定の2年生4クラス122人に、「必ず秘密にするので正直に」「要望通りに行かない場合があります」などの説明のあと、(1)どうしても一緒のクラスにしないでほしい人、(2)できれば一緒のクラスにしないでほしい人、(3)小学校からの問題で、気になっている事や相手の氏名、を記入させた。しかし、保護者や生徒から「実名は書きにくい」「プライバシー侵害」などの批判を受けた同校は、生徒らに事情を説明、アンケート結果を廃棄した、という(毎日新聞 2012年3月16日)。

--------------

学校が「ニーズ」を調べて、それに応えたいと行ったアンケートに対して、かくも不満・批判が出るのは、学校が商品を購入するような世界ではないことを、生徒や保護者が図らずも、おそらくは直感的に知っていたということだろう。

公共事業としての学校は、納税者に説明責任を果たすことを第一にする、教職員、児童生徒、保護者(地域住民は含まない!)の「運命共同体」であって、少なくとも義務教育段階では、個々の子どもの利益のために存立している訳ではない。また、教育-学習活動上の具体的なことは、教職員の専門職性を旗印にする一方、「質保証」は分析的・批判的な自己評価ほかによって担保されるのが整合的である。-こうした論理のもっともらしさを示すエピソードだと私は思う。

さて、これまで、「学校はサービス業だ」「お客様の声に耳を傾けなければならない」と学校評価やコミュニティースクールを論じてきた方々、学校教育において「顧客満足」や「ニーズに応える」ことの重要性を、改めて説明してもらえるだろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-16 22:49 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

全体と部分

60年近く維持されてきた組織に大なたをふるい、局所適材の弊害を改めたというアルプス電気の記事を読んだ(日経ビジネス、2012年3月12日号)。

「事業部は自分たちの損益を最優先しがちだった」、つまり、事業部の自立性・独立性が高く、技術や人材を囲い込む、つまり、事業部を単位とした局所最適が進み、全体最適には至っていなかったのだという。

素人目には、製品の提供、顧客満足、利益確保、と目標が全体に集約されやすいように見える企業ですら、こうした状況に陥ることがあるのを知ると、「製品」「完成品」が捉えどころなく、顧客も誰かがよくわからず、利益も何なのかがはっきりしない学校教育という活動では、局所に関心が向きがちなのは当然とも思える。

曰く、「学校教育目標にもとづき、個々の教育実践を」「目指す子ども像の実現をめざして」「保護者・地域の信頼に応えられる学校づくりを」と、教育委員会、学校管理職は声を大に語るが、それが詰まるところ、具体化されず、いつも「職員の意識改革」というアイディアしか出てこないのは、むべなるかな。

さて、アルプス電気の場合は、拠点数を減らすとともに、地方拠点にいる担当部長が週に2回、本社の大部屋で勤務する制度を設けるなど、人事の流動化を図ることで、風通しの良い組織づくりを目指しているという。

ティームティーチング、学級担任の適宜交代、プロジェクト型の分掌、「一日校長」など、思いつかないことはないけれど、問題は、それらをどれほど実際にできるかということ。「めんどうくさい」「ちょっと無理やろう」「そんなのは嫌だ」と少なくない職員、とくに教員が思うとすれば、その直観の背景を確かめなければならない。

「そんなことを言っているからダメなんだ」と叱咤激励しても、人は動かないだろうから。なかでも、職場の大半が大学卒業という偏った学歴構成になっている学校では「頑固者」が多いので、それも踏まえて対応しないとね。
[PR]
by walk41 | 2012-03-16 08:32 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

「良い相性」の幅を広げたい

学生による授業評価の結果が来た。100人少しの大規模授業での授業アンケート回収率は80%ちょっと。

項目別回答分布の平均は、全学平均とおおむね同じ、自分の職場の自賛になるが、それなりに力を入れているつもりの私が平均的というくらい、皆さんが授業にエネルギーを注がれているということになる。すごい。なお、「授業時間外の学習」の値が高いのは、ねらい通りの結果だ。

気になるのは、数値よりも裏面の自由記述。多くの授業について回答しなければならない学生はくたびれるのか、大半の学生は白紙だが、22人が書いてくれた。4分の1くらいかな。

このうち「問われ続けて、やる気がでなかった」と否定的な回答は1人、「とても疲れた」「いろいろ考えられた」と否定と肯定のいずれもが挙がったのが1人、「考える機会が与えられた」と中間的なものが1人、残る学生はいずれも肯定的で、まずまずと胸をなでおろした。

良かったという感想を紹介して、春からの授業の活力にしよう。
「最終レポートに一人一人コメントをつけてくれたのが嬉しかったです。他の授業は書いても読んでくれているのかな、と思うものもあるので。とても楽しい授業でした」「1週間の授業の中で、一番楽しみにしていた授業でした。先生の発問が面白かったです。…また受けたいくらいですけれど、受けません(笑)。本当に楽しかったです」「ありがとうございました。これからはもっと考えることに心を砕きます」「1回生の時に授業を受け、その経験からまた取りました。正解でした」

「自己満足やん」ってお叱りなきよう。いろんな学生との相性を少しでも良くしたい、という試みの連続です。
[PR]
by walk41 | 2012-03-15 10:26 | 授業のこと | Comments(0)

「やりたくなるように」考える

岡山発のアパレル業界社長、石川康晴さんを紹介する番組を見た。

2000人ほどのスタッフは全員が正社員、モチベーションを高める上で大切と決めたのだという。また、コマーシャルを打つこと、これも95%にやる気が高まったという研究報告を聞いて始めたのだそうだ。

そして社員への働きかけ、「頑張れとか説教とかはしません」という同氏は、「顧客満足度(CS)を高めるにはどうしたらいいか」を問いかけ、考えさせることを重視するという。接客を競うコンクールで表彰するのはその一つだろう。

このようにマネジメントとは、その人がそうした状態にあることを「合理的」と捉えることから始める。「雇用が不安定で、名の知れていない会社に勤めていて、上からは目標達成をと叱られるばかり」では、やる気が起きないのは当然だと考えるのだ。そして、その人にとって「合理的」になるように、環境を変えることを通じてその人を変えていく発想と手法が次に問われるのである。

これに対して、「いやでもやらせる」「法的拘束力を持たせるべき」という考え方は、人間の「合理的」なありようを理解できず、自分の思い込みにもとづく人間不信の哲学によっている。こうしたことを主張する人は、自分がそのように育てられたままを踏襲しているのか、それとも、あまりにちゃらんぽらんな大人に囲まれて成長したために、大人になってから反発しているのか。

いずれにしても、人間に対する理解が不十分という点で、まず学校的な意味で学力が低く、また実践に役立たない(懲戒をムチにやらせるのだから、すでに失敗している)という点で、実生活上でも低学力である。学力の低い人間が人の上に立つとロクなことがない、という好事例がいま進展している。
[PR]
by walk41 | 2012-03-14 16:36 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

人心を知らぬ「マネジメント」論

職員が君が代を歌ってるか、口元まで見ると、大阪府立高校の校長、それを素晴らしいマネジメントと持ち上げる大阪市長。

冗談も休み休みにしいや。なにアホゆうてんの。マネジメントは、環境に適応して柔軟に手を変える点に真骨頂があるんや、あんたらのやってることは、命令と処分だけやんか。 何の工夫も相手への信頼もあらへん。

いやでもやらせるって、日本の国歌を嫌いにさせるんが狙いか? あんたら「反日」やな。
[PR]
by walk41 | 2012-03-14 13:58 | 学校教育のあれこれ | Comments(2)

笑いのある豊かさ

今更ながら知ったこと。

アメリカのアニメーション、たとえば今も人気のあるミッキーマウス、「ミッキーの誕生日」という8分間の作品は1942年の作品、「グーフィーのスキー教室」は1941年、いずれも第二次世界大戦期だ。

可愛いキャラクターが、おどけたり、失敗したりと、観客を笑わせる。言わずもがな、このキャラクターたちは自分たちのことだ。

これに対して、当時の日本は、「娯楽は敵だ」と笑いのない「くそ真面目」を重んじ、また強いていた。田川水泡の「のらくろ」も廃刊に追い込まれた。自らの弱味やいいかげんさを認めず、見つめようとしなかった。

天然資源や工業技術だけでなく、人間理解の水準においても、国力の差は大きかった。かの戦争は破れるべくして破れたのである。
[PR]
by walk41 | 2012-03-14 02:20 | ことばのこと | Comments(3)

コストを低く抑えるために

ある公共機関の長から、詫び状を受け取った。

ある委員を私が務めていることに関わって、こんな経緯があったのだ。

1.会合の日を決める前に、都合の照会がなく、日程が合わなかったので欠席してしまった。しかも前回に続けて今回もこのように日程が決められた。⇒もちろん、委員のすべての日程を合わせることは難しいから、事前に尋ねる際に、「一番みなさんが集まりやすい日に決めさせてもらいます」と断っておけば済む話では?

2.2回目となった今回、会議招集の案内を受け取ったので、「日程の照会を事前にしてもらいましたか」とメールを送ったが、返事がないままだった。⇒事故で未着だったのかもしれないが、もしそうでないのならば、とりあえず、「こちらの都合で、この日に決めましたので了解を」と返信しておけばよいのでは?

3.会合が終わって数日後、当日配布された資料が、何ら説明のないまま郵送されてきた。ちなみに、前回も出席できなかったので、他の委員にはそのときに渡されたのか、年度当初の日付での委員への委嘱状が同封されていた。⇒メモ書きで構わないから、「こんな議論がありました。正式には後日」と少し添えるだけでもずいぶんと印象が変わるのでは?(なお、前回の記録も送られてきていない) また、委嘱状はさっさと送っておけば良かったのでは?

4.こうした対応はいかがなものかと考えたので、この機関を管理する上位の機関への同報メールと合わせて、委員の位置づけについて尋ねるメールを送った。⇒上位の機関から指導を受けることになったと、件の長の文面にはあったが、このストレスはいずれにとっても大きいのでは?

……

どこも忙しいのは十分にわかる。あとでやろうと思いがちなことも想像がつく。だからこそ、万全とはいかなくても、ちょっとした配慮と早い目の行動で、結果的には、とても「安上がり」に対応できたはず。労力の面だけでなく、精神衛生上もだ。

なのに、今回のように、当の機関も、それを管理する機関も、そして私も、がっかりということになってしまった。「売り手よし、買い手よし、世間よし」の近江商人「三方よし」に倣えば、「三方わるし」というところか。あ~くたびれた。

「このくらいで、ええやろ」と慢心しないこと、少しでも丁寧に、相手にまた事態に接すること、自分にもあり得ることと大いに戒めたい。
[PR]
by walk41 | 2012-03-12 18:10 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

コンピテンシー

学校教育の言葉は「言いたい放題」の感があるけれど、その中でもこの言葉は最たるものの一つだろう。

まず、英辞郎という辞書をみると、competencyは、資格、能力のほか、職務で一貫して高い業績を出す人の行動特性のこと、と説明されている。

つぎに、goo英和を見ると、「能力」「適性」の意、成果を上げる行動特性とある。

さらに、ネット語源辞典を覗くと、compete(競争)という単語とも近いらしく、ライバルであること、十分な供給のあること、などといった意味から来ているのだそう。へ~。

ここで、学校教育に戻れば、次のような交通整理はできるだろう。コンピテンシーは、

1.職務で発揮される能力なのか、発揮されなくても保有されている能力なのか。

2.一度獲得されたらずっと保持されているのか、それとも時間とともに上がったり、下がったりするのか。

さて、現在の教員給与の決まり方や褒賞のされ方を見れば、これまでの学校教育では、次のように判断してきたようだ。すなわち、

A.経験年数とともに能力は高まり、たとえ発揮されていなくても、いざという時には発揮される(高校普通科の教員が特別支援学校の教頭になっても、能力は下がらないとされる)。

B.一度獲得されたら「不適格教員」などにならない限り、能力は保持されている(ちなみに、学校管理職になれば、「不適格教員」の対象から外れる)。

この「原則」を変えるほどの、反証や反論はいかにできるだろうか。つまり、

① 毎年のように発揮されるべき能力を定義し、また測定するための、評価者育成やそのためのコストに見合う評価は可能か。たとえば、学校管理職といえども、ジェネラリスト指向は根強く(榊原禎宏「管理職試験の制度と言説」小島弘道編『校長の資格・養成と大学院の役割』東信堂、2004)、このルーチンを変えることはできるだろうか。

② 能力が発揮されるかどうかは、環境、とくに児童生徒と同僚職員との関係に影響されやすいが、個人の成果や原因としてどれほど説明ができるだろうか。

う~ん、これを立証することは難しいやろうなあ。せやから、「新しい教員評価」って鳴り物入りで始まっても、もうすっかり形骸化してるんとちゃうのん? とくにカタカナ言葉は、流行り廃れが早いってことを覚えておかんとあかんて。
[PR]
by walk41 | 2012-03-11 18:49 | ことばのこと | Comments(0)

学校間を動くということ

http://www.gutefrage.net/frage/vom-gynasium-auf-realschule より、

質問:2012.2.25、「こんにちは。ギムナジウムから実科学校(Realschule)に動こうかと思っているの。成績はクラスの平均にはあるけれど、かなり悪いし。最半年の成績は、3と4ばかり(注:ドイツでは1が最高、6が最低)、本当に頑張ってこのくらい、もう限界かな。わたしの場合は、たいてい時間の問題。たとえば数学は毎時間、新しいテーマになるし(また悪い点数ってことがなければ、親に言われるストレスがないんだけど。でも、自分としては毎回、本気で頑張ってるつもり!)だから、次の学年(9年生になる)に、実科学校に移って、10学年のあとにアビトュア(大学入学資格 Abitur)を取ろうと思ってる。 こうやって、いい卒業資格を取れると思う? こんな風にやった人、やってる人はいる? 落第をする(学年をくり返す)っていうのはここでは無しね。答えてくれる人に予めお礼を言っておくわ。」

回答:「やあ。僕としては、ギムナジウムから実科学校に替わることはまったく悪くないし、何の問題もないと思うよ! それどころか、良い成績で実科学校を終えた方が、中くらいとか悪い成績でのアビトュアより良く見られるということも、よくある話さ。 また、実科学校のあと、またギムナジウムに進んだり、専門上級学校(Fachoberschule)に行くこともできる。そこでは、専門アビトュアや平均点が良ければアビトュアも取れる。あるいは、もし君がすぐに収入が欲しければ、実科学校を終えてから養成教育を受けて、職業上級学校(Berufsoberschule)に進むこともできる。だからいろんな可能性がある。成功を祈ってるよ。」
----------------
日本と違うらしいのは、1.学校卒業資格が重要なので、在学中の成績は厳密に評価されていること、2.高校生でも大半が普通科または大学進学コースにいる日本と違って、職業上の養成教育が多様なこと、のようだ。

入試が厳しいのと、在学中に厳しいのと、どちらがいいかしらん?
[PR]
by walk41 | 2012-03-11 11:12 | ドイツのこと | Comments(0)

「見られると変わる」授業

「科学における観察者効果とは、観察するという行為が観察される現象に与える変化を指す」(Wikipedia)。

授業って、まさにこれが当てはまるだろう。研究授業や公開授業には、普段とは違う「お客さん」がいっぱい。子どもはまあまあ緊張、教師はもっとだ。いつもだったら用意しない指導案を準備して、教具・教材もたくさん揃えたり、自分たちを撮影するカメラを意識して振る舞う。「先生、初めてカラーチョーク使った」とも言われる。日頃の授業とは大きく違う。

では、いつもの授業はどこに行けば見られるのか。それは第三者の誰にもかなわないこと。彼らが教室に入ったとたんに普段の授業は姿を消して、「よそいき」に変化するから。つまり、第三者がいつもの授業を捉え、さらに評価するのは、そもそも無理なことなのだ。

では、授業評価や教員評価はどうやればいいのか。当事者でない立場にはまったく口惜しいことなのだけれど、授業者と児童生徒による自己評価とそのフィードバックでほとんどおしまい。せいぜいが「教師としてのカン」が働く同僚からのアドバイスだろう。

自分たちでしかわかることのできない授業を、それなりに捉え、よく振り返ることができるように環境を整えること、授業をやりっぱなしにしないで、見つめる「忙しくない」時間を確保すること、そして少しづつ変えていくこと、これが、提案しうるアイディアの限界ではないかと思う。

「客観的に授業を評価する」なんて、そもそもどんなこと? いったい誰が言い出したんやろうか。
[PR]
by walk41 | 2012-03-10 15:37 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)



教育学の一分野、学校とその経営について考えます。
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
教員養成の期間と学修量 Da..
at 2018-06-23 21:49
見て見ぬ振り ein Aug..
at 2018-06-23 14:23
拍子
at 2018-06-22 18:18
陳腐化
at 2018-06-20 11:16
一人で行うべき作業
at 2018-06-19 11:12
学校の施設・設備の管理
at 2018-06-19 07:37
曖昧さの大切さ
at 2018-06-15 17:10
知らなかった新幹線のこと
at 2018-06-14 16:16
「公的な場」に居続けられない
at 2018-06-14 15:18
学校における動物の風景
at 2018-06-13 08:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧