学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und Schulmitglieder

<   2016年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

集団としての課題?

過日、いつものように校内研究として行われている授業研究という不思議な儀式について、そもそもやりたくないのだから、誰も研究主任になりたくない状況なのだから、こんなやり方、そろそろやめませんか、と話をしていた時だった。

4〜6人の各テーブルを回っていた時、中学校の教務主任が返してきた。「それぞれの生徒が授業を通じてどのように変わるかを捉まえることが難しいのはわかりましたが、集団としての課題もありますよね」と。

驚かされた。だって、学校で生徒たちがクラスや学年に分けられて、それぞれに一つの塊かのように扱われるのは、学校の都合ゆえであって、彼らの側から「こんなクラスにしたい」とか「こういう学校になるのが目標だ」ということは、あくまでも消極的にしか存在しない、にもかかわらず、まるで積極的な場であることが当然かのような発言だったからだ。

たとえば、サッカーチームを作る、ついてはメンバーを募集し、これに応募する、ということであれば、サッカーができるチーム、試合で勝つという目標が共有され、それに向けた課題が問われる、というのはわかりやすい。

ところが学校は、とくに普通教育を行う義務教育学校では、こうした構図で説明できないのだ。彼らが学校に来るのは、まあ何となくであって、仮に勉強して賢くなりたい、友達と楽しく過ごしたい、部活動を頑張りたいと思った場合ですら、そのために学級や学年が、さらにはその学校全体が必要なわけでない。クラスの一部、反対にクラスや学年を跨ぐ人間関係は重要だが、そこまでのことである。

なのに、学校側、とくに生徒指導主任などは生徒たちに対して、声を大に叫びがちだ。「学級目標がどれだけ達成できたかを考えながら生活しよう」と。ところが、そんなことは、まあシャレ程度のもので、消極的な課題、例えばそれぞれを尊重する、不快な思いを互いにしない、協力的な態度を保つ、といったこと以上を求めるものではない。だって、学級から学校までそのような「何か集団でするための場」とは設計されていないからだ。だから、教員に学校教育目標を尋ねても答えられないでしょ。

学校に来るという格好がそもそも、群れや集合でしかない生徒たちに、始めからありもしない集団を想定して、生徒集団と言ったり、集団の一員として行動しろ、と求めたりと無茶を言う。そんなものは、頭でっかちの教員たちの思い込みである。軍隊の士官学校や教練なら話は別だが、普通教育の学校は、そんなことを射程に置いてはいない。

こんなちょっと考えればわかるだろうことを、見て見ぬ振りか、それとも本当に気づいていないのか、学校で働くと誠に不思議なことが起こるものである。生徒はそんな教育者の思い込みに翻弄される始末だ。まったく気の毒なことである。
[PR]
by walk41 | 2016-02-14 16:43 | 学校教育のあれこれ | Comments(1)

70年前の記憶

…私は、小学校1年生だったんです。11時までね、病院の屋上で遊んでいて、連れがお手洗いに行きたいって言うたから、エレベータで下に降りたんです。降りて扉が開いた瞬間に、ピカってきて、その瞬間に気絶しました。

気がついたら真っ暗でね。私は目がやられたと思ったんです。爆弾では目がやられるって聞いてたから。けどね、しばらくしたら少しづつ回りが見えてきて、実はそれくらい真っ暗やったんです。そうこうするうちに、火が出てきて、これはやばいって、山に逃げたんです。

山には多くの人が逃げて来てました。一晩過ごしてから、街に降りてきて、病院に行ったんです。病室には16人いたんですが、生き残ってたのは4、5人でした。その人たちに水を汲んでこようと思って、転がってた一升瓶を持って、破裂した水道管から水が出っ放しになっているところに行って、水を汲みました。

戻る途中、黒焦げになった人が倒れていて、生きてるんですよ、目だけこっちを見るので、水を飲むかと聞いたら、うなづくから、一升瓶の水を飲ませました。ゴクゴク飲んだら、大きなため息みたいな、ふう、ってつくんです。美味しいでもありがとう、でもなくてね。そんな風に、三人くらいに飲ませたら水がなくなって、また汲みに行きました。そしたらまた水を途中で倒れている人にあげて、また水がなくなって汲んで、やっと病室にたどり着いたんです。

それからまた水を汲みに行ったら、10分か15分前に水を飲んだ人がみんな死んでました。それで病室に戻って、「おいちゃん、僕の水は飲まんほうがいいです。僕がさっき水をあげた人はみんな死んでしもうた。僕が水をあげたら死にます。」って言うたら、「坊な、それは違う。その人らは水を飲んでも飲まんでも死んだんや。最後に美味しい水を飲ませてあげて、ええことしたなあ」って言われました。

あとで知ったんですが、その人らは熱風で声帯をやられたんです。だから声が出んで、ふうってため息みたいなんをついてたんです。そんなんで僕が水を飲ませた6、7人が死にました。…

2016.2.8 長崎原爆資料館にて、被爆者のお話を伺う機会があった。
1945.8.9 午前11:02、長崎市上空で原子爆弾が投下され、その直後に約7万人の人々が、爆風、熱線、火災、放射線などによって亡くなった。当時、長崎の捕虜収容所にいた連合国軍の兵士を含めて。
[PR]
by walk41 | 2016-02-09 21:10 | Comments(0)

授業の環境

年度の終わり、研究発表会が各地で行われているが、発表会の規模が大きくなるほどに、つまり見学者が多くなると、授業が行われる教室には見学者が入れなくなることが事前にわかってしまう。このため、あらかじめ場所を移して、普段の教室とは違うところに、にわか教室を設定することになる。

たとえば、体育館に机を並べる。周りは見学者で溢れる。普段とは違う時間割だったりもするので、授業者がチャイムを口真似して授業が始まる。寒い体育館に暖房器具を入れたりもする。

いつも通り、起立、礼、で始まるけれど、明らかに不思議な感じになる。なぜって、教室の壁が事実上ないし、壁面に貼られているはずのクラス目標、「学級だより」やクラスの集合写真といったものが一切目に入ってこないからだ。

くわえて、広すぎると教員の声が広がってしまい、生徒にだけでなく見学者にもよく伝わらない。そこでやむなくハンドマイクを手にしたりもするけれど、すると、ぎごちなさが助長される。だって、普段と様子が全然違うんだもの。

授業は授業者、生徒、教材だけで構成されているわけではない。馴染んだ教室、そこで何となく流れる「空気」、雰囲気も授業を左右する。ましてや、授業者は緊張しているし、生徒も基本的には教員を支えてあげようと思っているし、まあ見せ物である。

かくして、授業を見ようとすると授業に干渉して、本来の授業が見えなくなる。それを承知の上で、大挙して授業を遠方から見にくる意義は何だろうか。こんな不思議な儀式が、あいも変わらず行われ、少なくない血税が投じられている。こんな事態を大いに憂うべき、と言うのは私だけだろうか。
[PR]
by walk41 | 2016-02-09 20:43 | 授業のこと | Comments(0)

研究授業を頑張る

小学校教員から聞いた。研究授業という名の授業公開が行われる日、その教室に見に行ったら、「今日のめあて」に「研究授業を頑張ります」と書いてあったそうな。

児童が教員を励ましてくれるのは嬉しいし、それだけ教員とのラポールが築けているとは言えるけれど、その授業を見てああだこうだって話をするとは、いったい何をしているのかと思う。

かくも児童・生徒は、この時間が何か普段とは違うことを知っているし、おおよそはそこでの期待に応えようとする。こんな「出来レース」見ても、指導案に沿ったまあ無難な授業が行われることを確認するだけで、ちょうどParisに行って「やっぱりエッフェル塔が立ってるわ」と写真に収まるが如しだろう。何か新味、ひいては知的興奮を得ることはあるのだろうか。

こんな不思議な儀式を続ける学校、誰がこれを変えるのだろうか。それともこのままでいいと思っているのだろうか。
[PR]
by walk41 | 2016-02-05 10:28 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

〜させる、のではなく

小・中学校の研究主任と教務主任との研修会、今年度の校内研究の反省と来年度に向けた新たな取り組みを目指すものだ。

学校にあらかじめ用意してもらった資料に目を通す。みんながみんなという訳でもないけれど、「児童に〜させる」ことがまだ十分ではないといった「反省」が見える。そうじゃないやん、自分たち教員について、何ができたのか、まだ不十分なのかを考えなあかんやん、と独りごちる。

どれくらいの学校や教員がそうなのかはわからないけれど、授業について話をするとは、児童や生徒(学校では子ども、ということが多い)の変化・変容を求めることだ、と少なからず考えているのではないだろうか。教員の働きかけを通じて子どもが変わる、という原理的には成り立たないことが、まさに素朴に信じられて教育的信念となり、そうなるはずだ、なっていないのならば、そうさせなければならない、と規範と行為が転じる。恐ろしいことだと思う。

経験的には教員も承知しているだろうに、教室やグランドでの子どもは、教員とだけ関わっている訳ではない。むしろ、彼らはクラスメイトとの力学の中にいると捉える方が正確なのだ。だから、彼らの振る舞いを教員の実践というシロモノと直線的に結びつけることはできないのに、それでは教員の立つ瀬がないと考えるからか、教員の「指導力」が子どもたちにあまねく響くと立論する。

「うなずいたのはわかったから」であって、授業が早く終わってほしいから、とか、わかっていないことを知られたくないから、はたまた、クラスメイトの調子に合わせているだけだから、何てことは頭に思い浮かばないのである。子どもにも彼らなりの都合がある、という当たり前のことを見ないふりして、50分くらいの授業で、しかも教員からの働きかけによって子どもが変わったなどということを夢想しようとする。

授業でちゃんと議論できるのは、子どものことではない。学習指導要領や教科書で教育内容がおおよそ決まっているのなら、教室やせいぜい個々の学校レベルで扱えるのは、授業者である教員がいかに話し 、動くか、振る舞うか、雰囲気を醸し出すか、教員の在り方である。これこそが変えることのできる変数だ。

とはいえ、教員の静的・動的な有り様を変えることは容易ではない。これまで通りが、もちろん楽ちんなのだから。ましてや、自分を変えることではなく、子どもを変えることに躍起になっているのだとすれば、「教員が変われば授業が変わり、ひいては子どもが変わる」という筋道に至るのはなかなかだなあと痛感させられる。ううむ。
[PR]
by walk41 | 2016-02-04 20:44 | 学校教育のあれこれ | Comments(0)

タンポポ

後期の授業もいよいよ終わり。この大学院の授業でのテストは、この半期で学んだこと、考えたこと、そしてこれから考えたいことについて、5分間程度で私とクラスメイトに対して口頭でプレゼンテーションするというものだった。

ある学生が話し始めた。「この授業の初めに先生は。みんながこれから考えていくための種を提供したい、と言われた」(こうした文脈でも、自分のことを「先生」と記すのは、けっこう抵抗感がある)、「そして授業を受けるうちに、先生はタンポポではないかと思うようになった。というのは、タンポポの綿毛が先生の方からふんわり次々と飛んできて、僕たちの方に届こうとすべく、考える種を多く運んでもらったから。そして、今後大切だと思うのは、その種がうまく根付くように、自分の土壌がしっかりしていなければならないということ。そのために、健康で働けるようにコンディションを整える必要があると。」

授業者として過分な評価を受けたと思う。と同時に、大変嬉しい。学生たちに多くの問いを投げかけ、一緒に考えようとした十数回の授業機会を得られたこと、とても幸せに思う。
[PR]
by walk41 | 2016-02-02 23:15 | 授業のこと | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
施設管理のスペシャリスト..
by Kazuki KONAKA at 15:53
初めまして。 昨日子供..
by まさに。 at 10:33
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
丁寧さはいかに身につくか ..
at 2018-09-22 04:45
教員の服装 Kleidun..
at 2018-09-22 03:57
上履き innere Sch..
at 2018-09-22 03:49
これではいい教材とは言えない..
at 2018-09-22 03:44
挙手 Hand hoch ..
at 2018-09-20 21:05
時間切れ? wegen d..
at 2018-09-19 18:19
ビール Bier
at 2018-09-19 14:48
教員が足りない Lehre..
at 2018-09-19 01:33
女性の結婚年齢 Das A..
at 2018-09-18 19:38
故障 außer Betr..
at 2018-09-18 12:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧