人気ブログランキング |

学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

<   2018年 11月 ( 48 )   > この月の画像一覧

不毛だ unsinnig

b0250023_07263259.jpeg
jurassicpark film より拝借。

読売新聞HP上の発言小町、世の中の勉強だと読んでいる。

「ジェラシックパーク」じゃなくて「ジュラシックパーク」です・・
という投稿に対して、多くのコメントがその通りと応じ、なかには「コミュニケーション」を「コミニュケーション」と言った人がいたことに対して、世も末と書いている人もいる。おおむね投稿者に同意のようだ。

外国語を日本語で表記すること自体に無理があるのだから、どっちでもいいというコメントもあるが、少数派と見える。私も「どっちでもいい」派だ。すでに日本語なのだから、どちらでも構わない。「コップとカップ」「スコップとスクープ」「グランドとゲレンデ」の違いを説明しにくいのと同じである。同じ意味なのに、輸入のされ方が違った結果、表記の違いになったに過ぎない。

「ジュラシック」という言葉は英語で、フランスとスイスの国境に位置する山岳地帯が、地層学的にジュラ紀にあたるということから来ているが、現地語に即して言えば、名詞の場合、フランス語でJurassique, ドイツ語ではJura, 形容詞の場合、フランス語でjurassien, ドイツ語でjurassischである。ドイツ語では間違っても「ジュ」ではなくどちらかと言えば「ユ」、フランス語では「ジ」または「ユ」という感じだろうか。つまり、いずれにしても「ジュラシック」などではなく、「ユラ」あるいは「ジラ」と書いた方が近い。

さらに問題なのは、後半が「シック」などではまったくなく、「シッシュ」「シエン」という音に近いことだ。つまり、「ジュラシック」は、「ユラシッシュ」「ジラシエン」あたりが妥当である。

えっ、ここでは英語での話をしてるんだって!? でも、ジュラ紀ゆかりの言葉はフランス語とドイツ語、英語は無縁だよ。なぜ英語で言おうとするの? 学校の教科書も、モハメッドがムハンマドに、毛沢東(もうたくとう)がマオツォトンと、なるべく原語に近い発音になっているんだから。外国語すなわち英語という、幼い発想はいい加減に卒業しようよ。そもそも、英語で言ってもjurassic は「ジュラシック」ではなく、「ジュラスィック」に近いんだし。





by walk41 | 2018-11-30 07:12 | ことばのこと | Comments(0)

添削サービス業 Korrektur-Support Unternehmen

b0250023_19383764.jpeg

大学内の掲示板にありました。「より良い成績を得るための、添削を行います」とあります。どちらかと言えば、留学生向けでしょうか、レポートなどの添削サービスをする会社の宣伝です。

私の知る日本の大学生を想定するならば、日本でも流行ってほしい業態、とは言いすぎでしょうか。


by walk41 | 2018-11-29 21:05 | ドイツのこと | Comments(0)

買い物だけじゃないクリスマス Weihnachten nicht nur zum Einkauf

b0250023_02003815.jpeg

近所の美容室の前の立て看板です。子どもたちのプロジェクトとあるので、お店で尋ねてみると次のようなことでした。

ここからクルマで30分ほどのところにある「子どもの家」には、親のいない子、養育放棄や虐待を受けて親の元にいられない、いわゆる恵まれない子どもたちが暮らしています。学校などにも、そこから通うとのこと。そこで、クリスマスを迎えるにあたって、この美容室で働くスタッフが彼ら/彼女らを訪ねて、10ユーロくらいのものでプレゼントにほしいものを尋ね、それらを用意したというのです。

そして、子どもたちの顔写真とほしいプレゼントを記したメモを貼り付けた包装紙に、プレゼントを包み、お客さんなどから10ユーロほどを寄付してもらうことで、プレゼントを送ろうという企画です。

クリスマスはここドイツでも、消費主義と批判されるほどにたくさんのプレゼント攻勢にもなりますが、同時に、他者に思いを馳せて何か行動する時期でもあるようです。素敵なことだと思われませんか。




by walk41 | 2018-11-29 02:24 | ドイツのこと | Comments(0)

クリスマスマーケット(2) Weihnachtsmarkt

b0250023_04251577.jpeg

先のブログ記事は、クリスマスマーケットというタイトルにしては、あまりにも不親切と反省、そこで大昔にお世話になった街、南西ドイツに位置するクリスマスマーケットを紹介します。

この街には、フランスのベルサイユ宮殿を模したドイツ最大のバロック様式のお城があり、そのコンセプトから優雅なイメージのクリスマスマーケットになっています。

とはいえ、写真のように雪が降る様子は、残念ながらしばらく見られていないようです。今年はどんな感じになるでしょうか。

by walk41 | 2018-11-28 04:29 | ドイツのこと | Comments(0)

クリスマスマーケット Weihnachtsmarkt

b0250023_00433059.jpeg

クリスマスマーケットでは、いろいろなお店が並びますが、これもその一つになるのでしょう。Waldorfschule いわゆるシュタイナー学校の後援会の屋台です。ここでは11月30日から始まります。もうすぐクリスマスムード一色になることでしょう。

by walk41 | 2018-11-28 02:38 | ドイツのこと | Comments(0)

女性に対する暴力 Gewalt gegen Frauen

b0250023_18280767.jpeg

女性の3人に1人がパートナーほかから身体的・性的暴力を受けているとも言われるドイツ。女性に対する暴力に関する理解を深め、これに反対する企画が、学生たちの手によって開かれました。

映画館の一室を借りて、前半は夫からの暴力を長年にわたって受けてきた女性が講演、休憩後、Female Pleasureという性暴力や性差別に苦しみ、告発し、社会を変えていこうとしている5人の女性を追った映画を鑑賞するというプログラムです。

私の見たところ、参加者はおよそ150人、9割近くが女性だったようです。実行委員会とも言うべき十数人の学生たちが、大学の後援も取り付けて、大学関係者ならば入場は無料と人を集めるアイディアも、功を奏したのではないでしょうか。

講演では物理的な暴力に加えて、家族や友人と会うことを止められるという孤立化(Isolation)がなされたこと、暴力を振るわれているのに、「彼の中にいる悪魔を私の愛の力で追い払ってみせる」と思ってしまったことなどが語られ、会場が凍ったような雰囲気にすらなりました。お話の後、質問もたくさん出され、関心の高さもうかがわれたことです。

by walk41 | 2018-11-26 18:51 | ドイツのこと | Comments(0)

冗談じゃない idiotisch

私を含めて、誰もが気軽に世界中に発信できる環境が整ってきたから、大して調べもしないで、わかったかのように断言する輩が現れるのは分からなくもない。けれど、クロス・リファレンスをせずに、自分の経験があたかも一般的かのような書くさまには、まったく辟易する。

たとえば、『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』という本を宣伝する記事がある(http://young-germany.jp/2018/11/ドイツで学んだ、心にゆとりを持つための工夫/)。ベルリンに暮らすという筆者が曰く、日本での生活と違って、赤信号になりそうな時に走らないこと、次の青になるまで待つような姿勢を、ドイツでの暮らしから学んだという。

冗談ではない。私は南ドイツの辺りしか知らないが、ドイツの歩行者用信号が歩行者をゆったり待たせる代物ではないというのは最大公約数のことかと思う。歩行者用信号が青になる、その瞬間から歩き始めているのに、道路の4分の3くらいで信号はもう赤に変わるから、急いで渡らなければクルマにはねられることになる。およそ、ゆっくりと歩いてなどいられない。

また、場所によっては、青からいきなり赤に変わる、つまり、日本の多くの信号と違って、点滅信号の間がないから、心の余裕を持つことができない、とても慌ただしいのが歩行者の多くだろうと想像する。次の青信号を待っても、急がなくてはいけないことに変わりはない。なお、夜も遅くなると、歩行者が少なくなる故だろうか、歩行者用信号が消えて真っ暗になることもある。クルマが歩行者用信号を顧慮する必要がないから、そこを渡るには、けっこう勇気が必要だ。青信号を待っていても、夜明けまでそんな場面にはならない。のんびりするなど、どこの話だということになる。

あるいは、ドイツ鉄道の大変な状況にも見られるように、鉄道とくに長距離鉄道はまったく当てにならないほど、遅延、運行取りやめが当たり前だから、のんびり過ごそうなどと思わなくても、目的地にいつ着くかわからないけれど諦めようと、のんびりを強要されるのが現実である。自分で選んで、のんびり行こうではない。そうは望んでいない多くの乗客の意に反して、のんびり(気持ちはそれに大いに反して)せざるを得ないのだ。ドイツ鉄道の体たらくを揶揄する、たとえば次の動画を見ればよい。https://youtu.be/wXjhszy2f9w この動画の中で、ある乗客はドイツ鉄道の酷い運行のさまを「犯罪的だ」(kriminell)と憤っている。

その他でも、配線工事ひとつの約束を果たしてもらうのに3週間を待たされ、やっと来たかと思ったテクニシャンは、これでは工事ができないと途中で帰ってしまった。仕方なく契約した店に再度行けば、来週以降にまた来てくれという始末だ。重ねて言うが、のんびりしようと思うのではない。否応なしにのんびり、いや正確には我慢強くならないければいけないということである。

にもかかわらず、ドイツ万歳かのような類は、私の想像するに、日本でよほど慌ただしい生活を送り、ドイツに来て、そうではない面に出会うと「やっぱりドイツは違う」と、自分勝手な思い込みを合理化しているのだろう。

ドイツ大好きが高じた「ドイツ万歳」は、ドイツへの空間的、言語的距離のあることを利用した、つまり、多くの人がよく知らない、馴染みのないことを利用した、姑息な手段である。こうした多くの人に伝える上でも、適切にドイツを評価することが重要であり、そのためには丁寧に事実を見ること、自分の用いる言葉により批判的なことが不可欠だ。

たとえば、ドイツに住んでいる人だからといって、ドイツ人とは限らない。https://www.bz-berlin.de/berlin/jeder-vierte-berliner-ist-ein-auslaender 2018.4.28記事によれば、ベルリンに住む25%、4人に1人はドイツ国籍を有していない。この筆者は、ドイツ人という言葉をいったいどんな意味で遣っているのだろう。私がいま住む街でも、7人に1人は外国人、国籍は115ヶ国に及ぶ。https://www.schwaebische.de/landkreis/landkreis-ravensburg/ravensburg_artikel,-jeder-siebte-ravensburger-ist-ein-ausländer-_arid,10828265.html 街で誰かと会ったからといって、ドイツ人である保証はまったくない。こんなことは、現在のドイツで常識に属する事項かと思うのだが。日本も次第にこうなるだろう。「日本に住む人は日本人、なんて思っていた時代もあったね」と。

こうした怪しい本、観光客の誘致を狙っているのか、出版社もこんな文言で紙を無駄遣いするのはやめてもらいたい。誠に罪作りなことである。



by walk41 | 2018-11-26 08:29 | ドイツのこと | Comments(2)

アドベント Advent

b0250023_23511951.jpeg


朝市に並ぶものがすっかりクリスマスモードになりました。日本でも馴染まれてきた、救世主キリストの到来を意味する、アドベント(Advent)の準備です。

クリスマスの4週間前の日曜日、今年は12月2日が1週目になり、1本目のろうそくを灯します。2週目には2本目を、3周目には3本目を、そして4周目にはすべてのろうそくを灯して、キリストの降誕を待つのです。

ここ南ドイツでも、クリスマスはすっかり消費ムードに包まれていますが、18世紀には断食もが求められたアドベントの意味を少し考えてみたいと思います。

by walk41 | 2018-11-25 00:07 | ドイツのこと | Comments(0)

危機的 in der Katastrophe

b0250023_17424901.jpeg
Stuttgarter Zeitung紙、20181122、ドイツ鉄道の現状に関する報告書を紹介。使えないトイレ、効かないヒーティング、壊れた扉と多くの欠陥が相次いでおり、完全に機能するICE(Intercity Express )は、全体の僅か20%に過ぎないと述べられている。

修理のために工場に入っても、スタッフが足りず不完全なままに操業に出なければならないといった、悲惨な状況も指摘されている。また、定時運行率の低さにも言及しており、82%に達するには2025年までかかるとの見通しも示している。

写真は、事故で燃えるICEの様子。この国の基幹インフラは、本当に大丈夫なのだろうか。

by walk41 | 2018-11-24 17:53 | ドイツのこと | Comments(0)

棚卸し Inventur

b0250023_22482324.jpeg

近所のスーパーマーケットの棚です。数日前からこの感じで、棚卸しがまだ終わりません。想像するに、店の営業時間外の従業員の労働時間が少ない、つまり、営業時間と労働時間がおおよそ重なっているために、遅々として進まないのだと思います。横で買物客が歩いていて、このような状態にある棚を、日本で見たことはありますか。

Das Foto zeigt eine Supermarkt in der Nähe. Seit einigen Tagen bleibt die Situation, die der Vorrat in die Regale noch nicht fertig wird. Vermutlich beschäftigen sich die Arbeiter nicht viel außerhalb der Öffnungszeit. Solche Regale haben Sie in Japan einmal gesehen?

by walk41 | 2018-11-23 22:56 | ドイツのこと | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
土産物売りのタフさ Stae..
at 2019-07-22 14:01
教員という社会的な立ち位置 ..
at 2019-07-20 05:53
学校今昔 Schule, ..
at 2019-07-18 22:02
嬉しいこと was ich ..
at 2019-07-17 18:51
転入 Versetzen
at 2019-07-16 08:19
「その他」の離職理由って? ..
at 2019-07-15 14:27
データを眺める Schaue..
at 2019-07-14 19:13
偏見? Vorurteil?
at 2019-07-13 08:46
学力と幸福 Leistung..
at 2019-07-12 11:55
段落を作る Abschni..
at 2019-07-12 06:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧