学校・教職員の現在と近未来 Gegenwart und nähere Zukunft der Schule und ihrer Mitglieder

タグ:、 ( 1 ) タグの人気記事

赤はダメの印?

ドイツの大学から客人を迎え、日本の学校を案内した。
算数の授業だったが、児童のノートを見て、客人はびっくり。なぜって、赤いペンでマルを記しているのが、正解を意味することだと知ったから。二重丸やいわゆるハナマルならば、より評価が高いことと話すと、いっそう驚いていた。

ドイツでは、赤はダメなことの象徴、また、合っていることはチェックあるいはバッテン印で示すから、日本の学校の子どものノートを見ると、ここもダメ、そこもダメ、に映るのだろう。

ちなみに、日本では、比を示す「 : 」の記号は、ドイツでは割り算を意味するから(というか、比とは割り算のことでもあるから)、1:2で終わるのではなく、0.5という値を得てこその問題である。「÷」という表記は電卓にはあるとのことで、ドイツの子どもも知らないことはないそうだが、学校では「:」が一般的な様子。

ところ変われば、発想もやり方も変わるというのは、人文社会系のことに限らないなあと感じた一日だった。

by walk41 | 2015-09-01 14:45 | 身体 | Comments(0)



榊原禎宏のブログ(Yoshihiro Sakakibara Blog) 教育学の一分野、学校とその経営について考えます(um die Schule und ihre Verwaltung und Management)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
よなすさんへ、コメントを..
by walk41 at 18:37
いつも興味深く拝読してい..
by よなす at 00:02
はじめまして、香菜子とい..
by 無力な教育者香菜子先生 at 13:53
お久しぶりです。お元気で..
by walk41 at 18:20
こんにちは。全くその通り..
by じゅくせんまさや at 15:08
「教え子を戦場に送るな」..
by Koji at 12:50
じゅくせんまさやさま、 ..
by walk41 at 05:02
いつも楽しみに拝読してい..
by じゅくせんまさや at 19:06
教員の労働時間は確かにブ..
by Koji at 22:22
大学は学校教育法上「学校..
by 回答者(仮名) at 17:35
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧